Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 迷惑行為の代償

<<   作成日時 : 2005/05/12 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 3

最近巡回先にしている「FLIGHT LOG BOOK」というブログ、現役のB747クラシックのパイロットさんが公開しているのですが、なかなか面白くためになります。ブログランキング1位と言うのも納得!

#「おまえのブログはどうなんだ」と言われると困りますが(^_^;)。

で、先日アップされた記事「暴行とセクハラ」では、客室乗務員を殴ってコナ国際空港に到着後に逮捕された乗客の話が出ていました。この乗客、酔った末に狼藉に出たわけですが、その処分は「これはかなり重い処分だなぁ…」と思いました。

  • 罰金$500
  • 強制送還に伴うチケットの変更手数料$200
  • 留置所に2日間拘留
  • 数10年間米国入国拒否

まあ、こう考えるのは私が酒が飲めないからかもしれませんが、日本って、異常なほどこうした犯罪について法律が甘いように感じられてきてしまいますし、改定される様子もなさそうです。そもそも、酒の上での狼藉と言うことで「今後は気をつけるように」という程度で済ませていいものかという気もするのですが。

ふと思うのは、先日から関東で導入された「女性専用車両」、仮に「法律がなかなか変わらないからこれで何とかするしかない」ということで警察が要請・導入ならまだ納得できますし、これから法改正に向けて頑張ってもらいたい、としか言えませんが、「法改正は面倒だし、各社にやらせよう」という考えだったとしたら…?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
以前現場にいた頃、酔客による券売機や改札機を壊すという行為の"後始末"を数回経験したことがあります。その時駅が無事犯人捕獲をできると後日談を聴くことができるのですが、だいたい「酔っていたから…」などという言い訳をするそうです。その度に「あなたはお酒を飲んだらどんな悪いことをしても良いのか?」と問いつめたくなりますね…。
何でも法律で締め付けるのは良いことではないとは思いますが、いつまでもなくならない傍若無人な酔っぱらいに対してはもうちょっと厳しい対応をしても良いのでは…と思います。
佐野@流浪人
2005/05/12 19:47
 煙草はすでに「健康増進法」の影響で締め付けが厳しいのですが何か?の突っ込みはさておき、あれだけ問題にするのなら、狼藉を働く酔っ払いには、社会がそれ相応の厳しい制裁を加えるのが筋ってものでしょう。
 自分があまり酒を飲まないからいうのかもしれませんが、だいたい日本は酔っ払いに甘すぎます。
 まあ自分の好きなものが何だからそっちもと
言う発想もあるので(元来あまりそういう考えは好きじゃないけど、最近はそういう人間が多すぎる気もしますが自戒せねばとも思いますが、)あまりえらそうなことはいえませんが、バランスが悪すぎます。
名無しの権兵衛
2005/05/16 00:09
>名無しの権兵衛さま
確かに煙草は既に結構規制の網がかかっていますね。そういう私も喫煙者ですが。
現実問題として、自分の嗜むものには判断が甘くなる傾向はあって、それがアンバランスな状態を作っているのは間違いないと思っていますが、あまり他人のことは言えないカも知れないので、自分も気をつけないと…。
のぞみくん
2005/05/16 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


迷惑行為の代償 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる