Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強のWindows98マシン?

<<   作成日時 : 2005/06/19 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 3

先週あたりから、メインのパソコン(Pentium4-1.8GB)が起動時にスキャンディスクが毎回かかるようになり、ハードディスクの余命が短いことを直感(^_^;)。
とりあえずメール環境は外出用&予備機のノートパソコンに逃がしてネット接続し、交換用のハードディスクを選定。とりあえず値段も手ごろだったので、SEAGATEの160GBにしました。

以下は購入時の店員さんとの会話。
私「とりあえずこのハードディスクでお願いします」
店員「ありがとうございます。ところで、OSは何を使用ですか?」
私「Windows98SEです」
店「えっ!このディスクは、認識しないかもしれませんよ?
私「あ、大丈夫です。チップセットは865ですから」
店「えっ!最新のパソコンでWindows98SEですか?
やっぱり驚かれたか(^_^;)。

そして、購入してきたのを待っていたかのように、とうとうHDDはI/Oエラーとなり、お亡くなりになってしまいました。

ということで、ぼちぼち元の環境を構築中で、とりあえずネット接続は可能になりました。
ちなみに、Windows98SEでは、ハードディスクのパーテーションを設定するFDISKコマンドでは、137GB以上の容量を持つハードディスクを正常に認識しない(OSの設計が古いのであって、バグではありません)ため、1パーテーションで設定をすることになり、Windows98SEマシンとしては異常なまでに容量に余裕のある状態となってしまいました。もしかすると、Windows98SEとしては相当な高スペックマシンになっているかも(^_^;)。

ところで、このウェブリブログの基本仕様を見てみたのですが、
Q:ウェブリブログの動作推奨環境は?

A:次の環境でご利用ください。
  OS:Windows2000、WindowsMe、WindowsXP、MacOSX
  ブラウザ:IE5.5以上、Netscape6.1以上、Safari1.2以上
…見なかったことにしておきましょう(^o^;)。特に問題は起きていませんし…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 私なんか、未だに自宅のメインマシンはWindows98クラシックですけどね。これでも、ネット巡回では不便なく利用できています。まぁ、CPUがPentiumIIの400MHzとかいう悲惨な状況なので、複数ソフトを立ち上げるとかなり動作が危なくなりますが。
 因みに、ハードディスクは本体6.4GB+ネットワークドライブ280GBという構成だったりします。これで意外と回ってしまうものです。
五月原清隆
2005/06/20 09:39
ども。こちらではお初です。
Win98SEのFDISKですが、あれは137GBの壁の他に60GBの壁もあったはずですが、MSで修正版FDISKは入手されてますか?
もし未入手ならMSのサイトからお早めに入手される事をお薦めします。
ちなみに私もSiS651チップ+Celeron2.2GHzでWinMeたんとWin2kたんのデュアルブートにしてますが、SiSのWinMeドライバーがいまいち信用がおけないので160GBのHDDを135GBでパーティションを切り、それを越える領域を未使用にすると言うヘタレな事をしてます(爆。
まぁ160GBのHDDでも137GBを越えるエリアに古いATAドライバーでアクセスしない限りは大丈夫な筈なんですがね。Win9xの古いドライバーで137GB超エリアにアクセスするとFATが死ぬ場合がありますので要注意ですよ。
御影すばるレガシィ
2005/06/29 01:28
 どうも初めまして。
「Windows98SEで完全動作する世界最強マシーン(少なくとも世界中でベスト100位以内)」
を目指し、2000年4月1日に最初の自作パソコンを製作し始めてから丸5年以上経過致しましたが、どうやらまだこの世界には、
「上には上が居る」
みたいですね。
 参考までに当方のCPUのスペックは
「Duron 1.3GHz」
です。
大阪の井の中の蛙
2005/11/19 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


最強のWindows98マシン? Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる