Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 常磐高速バス「つくば」と「つくばエクスプレス」

<<   作成日時 : 2005/07/04 19:55   >>

トラックバック 3 / コメント 0

画像
8月に開業予定の首都圏新都市鉄道「つくばエクスプレス」。時刻表も公表され、いよいよ開通は近いと思わせられます。その開業まで、つくば市への足を担うのは常磐高速バス「つくば」です。

常磐高速バス「つくば」は1987年4月1日から運行開始、運行開始当初は16往復でした。ところが、あまりに乗客が多すぎたため、わずか5ヶ月後には30往復に増便。便利になったのでますます乗客が増加し、その後も増発に次ぐ増発を重ねた結果、何と現在では80往復にもなっています。東京駅八重洲南口からは、10〜15分ごとにつくばセンター行きのバスが発車していきます。
しかし、これだけ増便しても、東京駅では発車5分くらい前に満席になってしまい、ドアを閉めたまま待っていたり、時刻より前でもさっさと発車してしまったり、というのは日常茶飯事の状態です。2002年以降は全長15m・80人乗りの「メガライナー」も投入され、ピーク時に「メガライナー」を投入することでどうにかさばいています。
しかし、上りの首都高速での恒常的な渋滞はいかんともしがたいものがあり、時間に正確な鉄道の開通が待たれていたのでした。

実は、「つくばエクスプレス」の工事が本格化した頃から気になっていたことがあります。
それは、現在高速バス「つくば」のフリークエンシーに慣れてしまった人にとって、「つくばエクスプレス」があまり本数が少ないと選んでもらえないのではないか?ということです。「待たせられるのは20分が限界なのでは?」と考えていました。そうかといって、バスと同じ便数を出していたのでは、供給過剰になる恐れもあります。

それで、今回時刻表をチェックしてみたのですが…。

秋葉原の時刻表を見る限り、守谷までが毎時8本、つくばまでは毎時4本とそれなりのフリークエンシーが確保されているように見えます。東京〜守谷・水海道への高速バスもかなりの高頻度運行ですが、これは定時性の面で鉄道の方が便利そうです。もちろん、高速バス「つくば」よりも…。守谷から秋葉原方面の時刻表でも、それなりに頻度が高いように見えます。

ところが、つくば発の時刻表を見ると、一抹の不安があります。
というのは、毎時4本とはいっても11・18・41・48分発となっていて、最大で23分も開いてしまいます。快速と区間快速の時刻を守谷である程度揃えるためにこのようなダイヤになったものと推察されます(快速なら守谷〜つくばはノンストップ、区間快速はこの間に4駅停車)が、ちょっと微妙なダイヤです。

さて、これでどうなるか?

あくまで勝手な予想ですが、高速バス「つくば」の便数は減らされることになるのは間違いないですが、当面は減らされたとしても半減程度となるのではないかと思われます。
多少時間に余裕がある人もいるでしょうし、何より高速バスなら必ず座れます。つくばエクスプレスは1150円、高速バス「つくば」は1250円です。また、深夜便の「ミッドナイトつくば」については、「つくばエクスプレス」のつくば行き終電(23:30発)より遅い(23:50発・24:30発)のでそのまま残ると思います。

そして、利用者がついて増発となり、快速だけで毎時3本が運行されるようになった時に、初めて本格的に鉄道への転移が進むことになるのではないかと思われます。

ところで、高速バス「つくば」がなくなった後のメガライナーは…?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは大丈夫、ものすごく喜ばれそうな転用先が考えられます。
それは、東京〜大阪の格安夜行高速バス「青春ドリーム」
何しろ、通常のドリーム号よりも先に満席になる路線です。もしメガライナーを投入すると、1回片道を走っただけで運賃収入は40万円になります。乗客が何人であろうが、バスは1台につき運転手1人ですから、人件費は変わりません。お客は格安便の座席提供数が増えるので喜び、会社側も利益率が高くなるので喜ぶという、まさに「一挙両得」(^_^;)。
特別認可を取るまでに1年以上かかりそうですが、道路環境としては悪くないので、実現の可能性も高いのではないかと思いますが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
つくばエクスプレスの運行ダイヤ
8月24日の開業まで、約1ヶ月半になりました。「南流山駅時刻表」によると、思った... ...続きを見る
Nakamura's Weblog
2005/07/12 01:08
つくばエクスプレス
つくば科学フェスティバル2006の会場では小さな「つくばエクスプレス」が走っていた。≫デザインを一新しました。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2008/12/18 22:37
つくば科学フェスティバル2006
つくば科学フェスティバルの入口に展示してある小学生の研究発表は一見の価値がある。≫デザインを一新しました。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2009/09/05 11:51

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


常磐高速バス「つくば」と「つくばエクスプレス」 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる