Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルーリボン賞・ローレル賞

<<   作成日時 : 2005/07/09 00:41   >>

トラックバック 1 / コメント 2

鉄道友の会が毎年選定している、前の年に営業開始した車両を表彰する制度として有名?なブルーリボン賞・ローレル賞。ブルーリボン賞は鉄道友の会の会員による投票で決められ、基本的には「かっこいい車両」が受賞しています。一方のローレル賞は、設計思想や技術に目新しい点があったりする車両に贈られるもので、かならずしもかっこいい車両が受賞するとは限らず、貨車が受賞したこともあります。

さて、2005年の受賞車両が決まったようです。
【ブルーリボン賞】
  • 日本貨物鉄道(JR貨物) M250系「スーパーレールカーゴ」

【ローレル賞】
  • 九州旅客鉄道(JR九州) 新幹線800系「つばめ」
  • 長崎電気軌道 3000形

しかし、いつもなら受賞車両についての記事が何かしら出るのに、今回はYahoo!ニュースでも全然見つかりません。やっと探したのが以下の記事。
ローレル賞:長崎電気軌道の3000形電車/長崎
鉄道愛好家らで作る全国組織「鉄道友の会」(事務局・東京都)は、製作意図や技術、デザインなどで優れた特徴がある車両に与える今年の「ローレル賞」に、長崎電気軌道の3000形電車を選んだ。
3000形は04年にデビュー。駆動装置の工夫でメンテナンス性の高い車軸付台車を用いたことで、純国産として初めて台車部分を含む車両全体の低床化を実現した。現在2両を導入している。
長崎電気軌道は「傾斜地や曲線などの路線状況や、市民や観光客の利用が多い長崎の特殊な運行事情の中で、超低床路面電車としていかにバリアフリー化された車両を作るか検討を重ねてきた。成果が全国の鉄道ファンに評価され、大変うれしい」と話している。(毎日新聞)
貨物車だとネタにならないのか?それともこの手の鉄道ニュースに飽きてきた?あるいは「スーパーレールカーゴ」が佐川急便の買い切り列車だから?
…なんて、あくまで適当な意見ですから無視していただいて結構ですが。

個人的には「スーパーレールカーゴ」の受賞、なかなかいい物の見方だと思います。過去には機関車の受賞(EF66・受賞当時は貨物専用の機関車)ってのもありましたしね。

まあ、以前はわざわざ年末にデビューさせて、まだ新鮮味のあるうちにブルーリボン賞の受賞を狙う(京成AE系とか、小田急LSE・HiSEなど、いずれも12月デビュー)ような露骨な「受賞狙いのスケジュール」もありましたですが、最近はあまりそういう話は聞きませんね。

してみると、やっぱり「飽きてきた」のかも…報道する方もされる方も。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鉄道友の会 2005年ブルーリボン賞はスーパーレールカーゴに
関連: 鉄道友の会ホームページ:2005年 ブルーリボン・ローレル賞選定車両 ...続きを見る
Jariaの玉手箱
2005/07/09 18:34

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 そういえば、小田急VSEは珍しく3月デビューでしたね。それも、ダイヤ改正が12月にあったのにわざわざ3月デビューという事は、余程JR九州の800系が怖かったのか、或いは余程ブルーリボン賞を取る自信があったかのどちらかでしょう。取り敢えず、今年はブルーリボン賞狙いの車両はもう出てこないでしょうね。あんなに大人げない車両を見せ付けられては、他社はもう何も手出し出来ません。
五月原清隆
2005/07/09 01:08
うーん、まだ分かりませんですよ(^_^;)。
ソニック883系のように、かなり情報が隠蔽された状態で開発されていた事例もありますので…。
883系は甲種回送も完全にカバーで覆ってしまっていて、ステンレスカーということくらいしか分からないような状態で工場から出てきたらしいですね。
のぞみくん
2005/07/10 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


ブルーリボン賞・ローレル賞 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる