Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本神話の中の神々は高千穂鉄道を助けてくれるか?

<<   作成日時 : 2005/09/10 00:15   >>

トラックバック 1 / コメント 2

日本神話で天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れた「天岩戸(あまのいわと)」があるということで、「神話の里へ走る鉄道」として売り出している高千穂鉄道が、先般の台風で相当な被害を受けています。
高千穂鉄道存続の危機 赤字経営に台風直撃 鉄橋流失、復旧長期化も
台風14号による豪雨で二つの鉄橋が流失した、宮崎県延岡市と高千穂町を結ぶ第三セクター「高千穂鉄道」(本社・高千穂町)が存続の危機に直面している。八日、現地を視察した同社社長の黒木睦郎・高千穂町長は「全面復旧には、年単位の日数が必要で状況は厳しい。今月中にも論議したい」と語り、鉄道存続を含め近く結論を出す考えを示した。
同社は今後、沿線四市町などと八月に設置した存続の有無を検討する「高千穂鉄道検討委員会」で協議する。ただ、「被害額は数億円に上る」(黒木社長)とみられ、赤字経営が続く同社にとって厳しい判断を迫られることになった。
黒木社長は八日朝、被害を受けた北方町などの第一五ケ瀬川鉄橋(約二百三十九メートル)と第二五ケ瀬川鉄橋(約百六十三メートル)などを視察。「大きな被害が出た。簡単な補修では運行できない」と厳しい見方を示した上で、「(存続について)私が先走った判断はできない。被害を受けた個所を調べて被害額を確定し、今月中にも取締役会と検討委員会を開きたい」と話した。
同社によると、二つの鉄橋は、五ケ瀬川のはんらんで、いずれも橋脚部分だけを残して、橋りょう部分が流された。線路の一部も流失するなど寸断されている。
■高千穂鉄道
高千穂鉄道は1988年12月、旧JR高千穂線を受け継ぐ形で、高千穂、日之影町など沿線の4市町などが出資して設立。JR延岡駅に乗り入れ、1日当たり29本を運行、営業距離は50キロ。乗客の減少などで2004年度の赤字は約6800万円に上った。
(西日本新聞)
この高千穂鉄道、国鉄〜JR高千穂線が第3セクター鉄道に生まれ変わったのですが、五ヶ瀬川の支流である岩戸川にかかる高千穂鉄橋は、水面からの高さが105mと日本一(東洋一)高い鉄道橋でして、鉄道趣味者には良く知られた存在です。また、途中の日之影温泉駅(「日之影」という地名からも、どんな地形か想像できますね…)には、駅舎の2階に温泉施設があります。
五ヶ瀬川の流れとほぼ並行していて、トロッコスタイルの列車も走っていたのですが、今回はその五ヶ瀬川が氾濫してしまったために、一部の鉄橋が流されてしまったようです。

実際のところ、まだ乗ったことのない鉄道ですから、いずれ乗ってみたいとは思っていたのですが…。もし高千穂鉄道が廃線にならず、無事に復旧したら、日本神話の神々が、高千穂鉄道を助けてくれたのだと思いたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大変なことが…
いよいよ「九州の私鉄乗りつぶし旅」まであと2日となりましたが、何と乗りつぶし予定 ...続きを見る
書きまくり@うぇぶろぐ
2005/09/13 22:01

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
末端の区間(影待〜高千穂)だけですけど、この鉄道には乗ったことがあります。
日本一キレイな鉄道を目指す、との意気込みが伝わってきて、楽しい旅をさせてもらいました。
今回の台風でそんな大被害が出てたんですね。宮崎県はここ以外には三セクはないハズなので、県レベルで復旧に向けて努力してほしいと思います。
ちしろ
2005/09/13 07:05
今後、新会社になり、
高千穂駅が「基点」になるのなら、
「パーク&レールライドを徹底」しないと...

実は、「JRと、繋がらない」だけでも、
かなりの「イメージ...」になるから...
といれにひとり..
2006/04/06 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


日本神話の中の神々は高千穂鉄道を助けてくれるか? Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる