Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 飲酒運転のニュース2題

<<   作成日時 : 2005/09/06 00:47   >>

トラックバック 1 / コメント 1

飲めない人から見ると、「何が処分が重すぎるものか」と言いたくなるようなことなのですが。
酒気帯び運転:懲戒免職、2元教員が不服申し立て 人事委に「処分重すぎる」/青森
酒気帯び運転で5月に懲戒免職処分になった県内の元教員2人が、「処分は重すぎる」として県人事委員会に不服申し立てをしていたことが分かった。県教委は03年度から「酒気帯びは原則免職」と定めており、10人が免職処分となっているが、不服申し立ては初めて。県教委は「処分は妥当だったと考えている」と話している。
元小学校教頭の男性は4月の深夜、むつ市内の県道を酒気帯び運転し、検問にかかった。小学校の親ぼく会で飲酒し、帰宅するところだった。元中学校教諭の男性は3月の早朝、二日酔いの状態で藤崎町内の国道を運転。対向車とぶつかり、相手に軽いけがを負わせた。
県人事委員会によると、元教頭は「ストレスがたまっていた」、元教諭は「二日酔いなのに処分は重すぎる」などと、不服申し立ての理由を話しているという。
今年3月には酒気帯びで懲戒免職になった県職員が人事委員会に申し立て、処分が取り消されたことがある。教職員の申し立ては初めてだが、県教委は「教職員は、県職員よりも高いモラルが求められる。処分を軽減する理由はない」と話している。(Yahoo!ニュース-毎日新聞)
どうも、不服を申し立てた方々は、自分が何をやっていたかということが全く分かっていない方々に思えてならないのですが。もちろん、二日酔いって、端的に言えばアルコールが抜けていないってことですし、ストレスがたまっていたから酒気帯び運転していいってことはありえません。教員免許も剥奪したほうがいいのでは…。

一方、私の個人的な印象としては最悪に近い組み合わせの「飲酒運転」+「踏切事故」。
トラックと衝突し電車脱線 長野電鉄、運転士が軽傷
5日午前9時ごろ、長野県千曲市雨宮の長野電鉄屋代線雨宮―岩野駅間の踏切で2両編成の普通電車が、立ち往生していた大型トラックに衝突、脱線した。
千曲署によると、運転士の小林進さん(46)が軽傷を負ったが、乗客5人にけがはなかった。トラックの運転手(49)は外に出ており無事。
調べによると、運転席近くに酒の容器があり、呼気検査でも反応があったという。同署は飲酒運転の疑いもあるとみて調べている。
現場は遮断機がある踏切。非常ブザーが設置されていたが、鳴らされていなかった。トラックが右折して踏切に進入した際、右車輪が脱輪したらしい。トラックは岐阜県から千曲市へ、建築資材を運ぶ途中だった。(Yahoo!ニュース-共同通信)
もう何とコメントしたらいいのか分からなくなります。非常ボタンはあっても、それを使うという判断ができないあたりも、もしかして飲酒の影響?という気がします。

それにしても、何だか「飲酒運転はみんなやっていて、発覚するほうが間抜けだ」とか思っていて、それで全然なくならないんじゃないかという気もします。そんな車が周りにごろごろしているのでは、とても安心して運転できません。「飲めない奴に何がわかる」とか言われるかもしれませんけれど、別に飲酒そのものを否定しようなんて思っていません。でも、飲酒運転はどう考えても常識から外れているのではないかと…。

Yahoo!ニュース カテゴリ「飲酒運転問題」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
兵庫県警の58歳警部、ひき逃げで逮捕…飲酒運転か
 追突事故を起こした尼崎の警察の警部が飲酒運転の疑いがあるとされる今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載) ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/02/05 16:12

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
前者の『処分が重過ぎる』と言う申し立ては、反省していない証拠だと思います。
後者の長野電鉄での事故ですが、朝から飲酒して事故を起こしているんですね。(午後9時ではないですよね?)酒を飲まない私に言わせると、馬鹿としか言い様がありません。
酔家(すいか)
2005/09/06 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


飲酒運転のニュース2題 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる