Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急ファミリー鉄道展

<<   作成日時 : 2005/10/16 00:18   >>

トラックバック 1 / コメント 4

画像
行ってまいりました。何だか連日でかけている気がする^^;。

今年の展示車両は、1954年に小田急初めての高性能車としてデビューした2200形、1972年製でローレル賞を受賞した9000形、1986年12月にデビューした10000形HiSE車、1957年にデビューした世紀の特急車3000形SE車、そして最新鋭の通勤型車両である3000形(2代目)。
3000形SE車は場所も遠いし混雑しているようなので今年は見てません。保存場所が海老名なので、毎年必ず見ることができるから、別に今年でないと見られないなんてことはないので、別にいいかな、と。

2200形は片開き扉が懐かしいです。一時期、多摩線はこの車両が2両とか4両で走っていたのも覚えています。車内には入れなかったので、今年は遠くから見るだけ。
9000形は正面デザインについては、今でもそんなに古い電車というイメージはありません。一時期は地下鉄に乗り入れる車両として、朝の通学時には結構な頻度でお世話になっていました。ただ、他の形式と連結したときの相性が全然良くなかったけれど…。それでも、昨年全滅した4000形との相性だけは良かったような。廃車が進んでいるので、来年あたりになくなりそうな気がします。
10000形は、前にも記事で書きましたが、個人的にはかなり好きな車両でした。4編成作られたのに、現在稼動車両は1編成だけで、あとの3編成は部品がいろいろ売られていたくらいなので、もう復活することはないのでしょう。残る1編成もあと何回乗れるかな…?

そして3000形(2代目)。気がついたら6両編成だけで22編成もできていました。こんなに大量に増えるとは思っても見なかった…。もっとも、個人的には嫌いな電車ということでもないし、今後とも末永くお付き合いすることになりそうです。

相変わらず物品販売は盛況ですね。東海バスのブースでヘッドレストのカバーを買ってみたりとか。車に使えるかもしれないと思って^^;。パスネットも西武・相鉄・東急・つくばエクスプレスなど、わざわざ遠くから出張販売に来ていたりとか…。個人的には、西武がきたことに時代の流れを感じました。

来年はまた行けるかな…?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小田急ロマンスカー『SE車』
先日、ファミリー鉄道展2006に行ってきましたが、 最大の目的は小田急ロマンスカー3000系 『SE車』(※super・expressの略)を見に行く事でした。[:楽しい:] ...続きを見る
京都好き関東人二人ブログ。
2006/10/18 21:59

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も行きました。
種別側面幕なんか買って、部屋にかざってます。
そういえば、今年は京急の参加が無かったですね。
和馬
2005/10/16 00:22
本当は方向幕も買おうかと思ったのですが、正面の幕がなくて側面だけだったのでパス^^;。「小田原/江ノ島」とか「箱根湯本/江ノ島」のコマが欲しかっただけなんで…。
そういえば京急、いませんでしたね。
のぞみくん
2005/10/16 00:27
犬猿の仲の西武が出店するとは、本当に時代を感じさせますね。ちなみに西武武蔵丘工場の公開の時にも小田急が来ていました。
名乗る程の者では
2005/10/16 21:18
9000と4000は併結の相性が良かったんですか?
9000は,現場では嫌われていたみたいですね.5000(4R)より廃車が先行したのも,下降窓の腐食以外に,取り扱いの面で難があるのが理由なのかもしれません.
ツキだ!
2006/10/23 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


小田急ファミリー鉄道展 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる