Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼく管2を遊んでから実際の空港に行くとどうなるか^^;

<<   作成日時 : 2005/11/17 00:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2


さてさて、福岡空港は、「ぼくは航空管制官2 福岡オリエンタルウイングス」の舞台でもあります。到着便で、別に夜景を見ただけでどのあたりなのか地理感があるわけでもないのに、飛行機の動きで「これはランウェイ34サークリングアプローチだな」とか分かってしまったり^^;。

そんなわけで、やっぱりゲームで遊んだ空港なら、実物もいろいろ見てみたいもの。朝早めに空港に行って、展望デッキで飛行機を眺めていました。朝の時点ではランウェイ16使用で、第2ターミナルのデッキからは離陸機が「Taxi into position and hold」(滑走路内待機)するところがほぼ正面。ガラス張りなので悪天候では若干厳しいものがありますが、窓ガラスとこまめにお掃除しているみたいで、写り込みに気をつければ撮影環境は悪くありませんね。

で、写真のようなシーンもみたのですが…「ゲームでこの誘導が出来れば、もっと楽にクリアできたかも!」と思った人が何人いるかな^^;。

この後はJL3607便で沖縄に行きましたが、その時にはランウェイ34使用に変わっていました。これがまた、離陸後に「このあたりで右旋回」「空港が右下に見えたら左旋回」とか、ゲームと同じ展開なのにいちいち感動してしまいました^^;。それだけ、「ぼく管2」はしっかり研究して作られているゲームってことなんですね。
ぼくは航空管制官2 福岡OrientalWings

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 私は今年だけで数回RJFFに降りていますが、大抵がILS R/W16で、1回だけILS R/W34でした。福岡名物サークリング34ってのは経験がないですね。
五月原清隆
2005/11/17 13:11
おそらく、福岡空港がそのとき出発機で混雑しているかどうかなんでしょうね。
R/W34だと、ILSアプローチよりサークリングアプローチの方が時間的に早く着陸できるので、飛行機からのリクエストなのかもしれませんね。
のぞみくん
2005/11/17 15:42

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


ぼく管2を遊んでから実際の空港に行くとどうなるか^^; Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる