Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 交通趣味者としては、こんな人たちと一緒にはされたくないものですが。

<<   作成日時 : 2005/12/12 21:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

しかも私と同年代…。
撮影の2人線路に侵入 電車20本に影響 JR神戸線
十一日午前九時半ごろ、神戸市垂水区塩屋町一のJR神戸線須磨―塩屋駅間で、京都発西明石行きの下り電車の車掌が、線路敷地内に男性が入り込んでいるのを発見。新大阪総合指令所に連絡した。同指令所が付近を運行中の電車を止め、須磨駅員らが調べたところ、三十―四十代とみられる男性二人を見つけた。二人は「鉄道の写真を撮影していた」と話していたという。
この影響で電車二本が運休、十八本が最大で十五分遅れた。(神戸新聞)
柵などの障害物をファインダーから排除したい気持ちはわからないわけではないですが、そういうのって機材とかでフォローできるんじゃないですかね。

画像まあ、神奈川県西部あたりは実際には線路自体が開放的なところが多いような気がします。そのせいか「わざわざ決まりを破ってまで線路に入らなくてもいいじゃん」と考えてしまうのは事実ですし、「あんたたちみたいに恵まれた奴とは違うんだよ」とか言われるかもしれませんけれどね。
小田急なんか、小田原近くになると線路の脇に柵がないところなんか、あちこちにあります。しかも特急車も走っている上に、午前中なら富士山を背景に入れて撮影なんてことも出来ます。しかも駅から徒歩でもそんなに遠くなく…やっぱり恵まれているか?
小田急ファンが根強い理由は、比較的楽に写真が撮れることもあるのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


交通趣味者としては、こんな人たちと一緒にはされたくないものですが。 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる