Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 金色の翼・B737-781登場!

<<   作成日時 : 2005/12/19 22:40   >>

トラックバック 2 / コメント 2

いよいよ日本の航空会社では初めてのB737NG(Next Generation)、エアーニッポン(ANK/EL/アンクエア)のB737-781が登場です。しかし、航空ファン的には「ようやく」というほうが正しいかな?
金色のB737披露へ 全日空、最新技術を導入
全日空は19日、今月末から新たに就航する最新鋭の小型機で、特別に金色に塗装した「ボーイング737−700」の1号機を、羽田空港で報道関係者に披露した。
同機は最大136人乗り。デジタル技術が多く導入されたほか、最新のエンジンで燃費も向上した。主翼の先が折れ曲がるように上を向いた「ブレンデッド・ウイングレット」が特徴。
また機長が外を見ながら高度や姿勢などの計器も同時に確認できる「ヘッドアップディスプレー」を、国内で初めて旅客機に搭載した。目線を動かす必要がないため、安全性が向上したという。
グループ会社のエアーニッポンが運航し、23日から福岡−名古屋−宮崎を結ぶほか、来年1月10日からは名古屋−台北の国際線にも就航する。45機が導入されるが、1号機と2号機だけを金色に塗装する。(Yahoo!ニュース-共同通信)
全日空、新型B737を披露
全日空が新規導入する「ボーイング737―700型機」の披露セレモニーでポーズをとる「茨城ゴールデンゴールズ」の萩本欽一監督(左から2人目)、全日空の山元峯生社長(同3人目)ら(19日午後、羽田空港)(Yahoo!ニュース-時事通信社)
画像
「ようやく」というのには理由があって、B737NGシリーズは1997年には初飛行していて、程なくサウスウエスト航空(SWA/WN/サウスウエスト)で就航を開始しているのです。そういう意味では、ちっとも新型機ではないんですね。乗っている限りでは今までのB737とどう違うのかなんて、あまり分からないし…。

しかし、B737NGは、第3世代の旅客機にふさわしいグラスコクピット装備のハイテク機ですし、その性能は今までのB737よりも向上しています。約6000kmある航続距離は、アメリカ大陸を楽に横断できますし、減にコンチネンタル・ミクロネシア航空(CMI/CS/エアマイク)では日本〜グアム線の主力機です。
今までのB737とはまた違った使われ方をするのではないかと思いますし、面白いことになりそうな気はします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金色のB737披露へ 全日空、最新技術を導入
Yahoo!ニュース(共同通信)より 金色のB737披露へ 全日空、最新技術を導入 全日空は19日、今月末から新たに就航する最新鋭の小型機で、特別に金色に塗装した「ボーイング737−700」の1号機を、羽田空港で報道関係者に披露した。 同機は最大136人乗り。.. ...続きを見る
☆組ウォッチャーとAMC活用日記 20...
2005/12/20 04:08
成金じぇっと登場(--;
私にとっての「名古屋」のイメージを一気に初期設定してしまうキワモノが出現した模様 ...続きを見る
淡海の国から on blog
2005/12/20 07:00

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 萩本欽一を招待……って、コント55号が管制塔コントをやっていた事を踏まえての話なんですかね。だとすると、芸人は「落とす」のが仕事ですから、余り航空関係のイベントには呼ばない方がいいと思うのですが。勿論、萩本欽一自身が本業を「コメディアン」ではなく「野球監督」だと思っているのであれば、話は別ですけどね。
五月原清隆
URL
2005/12/20 12:39
B737NGは今年CZの広州−上海で初乗りしました。乗った感じ、従来型と大きな違いはなかったですね。もう少しシートピッチが広いといいんですけど、ナローボディは仕方ないですよね。
mac
URL
2005/12/23 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


金色の翼・B737-781登場! Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる