Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS モーターがあるのが重要なのか、それとも重いことが重要なのか?

<<   作成日時 : 2005/12/03 00:06   >>

トラックバック 0 / コメント 3

まあ、この手の話題が出るたびにいつも思うことなんですが…。
新型車両、東海道線で運行開始 JR西 尼崎脱線事故の後継車両
JR西日本の新しい通勤型電車「321系」が1日、東海道線で運行を開始した。尼崎脱線事故を起こした現行「207系」の後継車両として走行安定性を高めた設計で、京都市下京区の京都駅からも通勤客らが、乗り心地を試していた。
321系は、銀色の車体に紺とオレンジのラインが入った外観。当初は207系と同じ青と水色のラインを予定していたが、脱線事故の遺族らの「あの色は見たくない」との要望で変更した。
7両編成のうち6両に重心の低いモーター車を採用し、207系よりも安定性が向上。中央部のシートの1人幅を従来より3センチ拡張するなど、乗り心地に配慮した。運行情報や広告を流す車内モニターも備える。
本年度中に東海道線をはじめ福知山線や湖西線、山陽線に20編成140両を導入する。(Yahoo!ニュース-京都新聞)
ちなみに、7両中6両がモーター車ということですが、実際には1両の台車のうち半分はモーターがありません。後から設計変更したと思うので、重量配分には結構苦労したのではないかと。

先頭車を電動車にする、というのは、重い車両で踏切事故などで脱線しにくくする、という理由があったと思います。
京急1000形先頭車を電動車にする鉄道というと、関東で真っ先に思いつくのは京急ですね。自社では先頭電動車の編成以外は皆無ですし、乗り入れる他社の車両までも先頭電動車に改造したり組成変更したりしているほどです。
しかし、京成3500形のような「もともと運転席下だけモーターなしで、それ以外の台車は全部モーターつき」という車両、一応全車電動車には違いないはずなのですが、何と京急に乗り入れるために運転席下の台車をモーターつきにして、入れ替えに先頭車連結面側の台車をモーターなしの付随台車に改造しないと乗り入れできないようにしてしまったりするのを見ると、「先頭台車にモーターがあることが重要なのか?」と言いたくもなるのですが…。

逆に、先頭車をモーターなしにするのは、踏切事故などで高価なモーターを損傷しなくても済むように、という理由があったと思います。京成3500形の「先頭台車だけモーターなし」というのは、その思想の一番極端な例かもしれません。

画像ふと思い出すのが小田急通勤車で、こちらは釣り掛け車時代の4000形や千代田線直通用の9000形を例外とすると、ほぼ間違いなく先頭車はモーターなしになっています。ところが、5200形などの床下を見ると、先頭車は結構床下機器が詰まっている一方で、電動車のはずなのに目立つのはエアタンクくらい…という車両まであります。先頭車も対して重心が高いようには見えません。一時期のNIFTY鉄道フォーラムの小田急会議室では「重量均等化主義」と言われていたような…。
確かに「先頭車が重い」ということが重要なら、別にモーターがある必要性はないわけですね。もっとも、モーターのある車両は重い付随車を引っ張ったり押したりすることになるわけで、必然的にモーター出力は大きく取らないといけないわけで、たまたま小田急の通勤車は箱根登山線直通というモーター出力を大きくしたい理由があったからできただけで、どの会社でも応用できるわけでもなさそうです。最新鋭の3000形ではそんなに床下には機器はなさそうですし。

まあ、どれが正解なのかは分かりませんが、全般的には車両重量は軽くなる方向ですし、モーターなども小型軽量化されると思うので、いずれは「モーターがあるから重い」とか言う理屈もあまり通用しなくなってくるのかもしれません。そうすると、結局は床下機器の配置でなんとかするしかないのかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事執筆時(7月)はわからなかったのですが、「2個モーター車がたくさん」は将来的にローカル線に転属させる、もしくはローカル線にほぼ同じ設計の車両を入れるということを考えているのかもしれないと思います。

もうひとつ当時はわからなかったことですが、321系って「先頭の台車はモーターなし」ですから、考え方が昔の京成に近いということになりますね。
なかたん
URL
2005/12/03 10:52
京成の場合、モーター出力アップを行うことで先頭台車をT化して製造コストを抑えることが目的だったとのことです。
(参考文献:「私鉄電車ガイドブック1(東京工業大学鉄道研究部編、誠文堂新光社)」)
ひろっぴ
URL
2005/12/03 13:31
電動車でありながらB-2配置を持つ電車は、
両運転台のクモハ125がすでに存在するので
いらないものを外していくだけの簡単な
設計変更で新造できるメリットがあるのかも
しれませんね。

私の考えとしては、先頭車両を電動車にする
のはモーターを駆動するための床下搭載機器を
持つから低重心化できるのだと思います。
YS
2005/12/20 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


モーターがあるのが重要なのか、それとも重いことが重要なのか? Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる