Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 筑波山シャトルバス

<<   作成日時 : 2006/01/04 20:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像今年の初詣は、余りまくっているパスネットの消化も兼ねて、1/3に筑波神社まで行って来ました。これまた結構残っている関東鉄道バスの回数券消化も兼ねています。
事前に関東鉄道ホームページで調べると、筑波山シャトルバスがTXつくば駅から運行しているようで、1/3は平日ダイヤで運行という注釈はあるものの、乗客が多ければ増発するだろうと思いつつ、つくば駅へ。

つくばセンターのバス乗り場に行くと、何故か「貸切」という幕を出した路線車…。不安に思って「回数券は使えますか?」と確認してみたら、「これは会員制バス扱いなので使えません」とのこと。画像筑波神社までの700円というのは、つくばセンター〜筑波山口(昔の筑波鉄道…もっと昔なら関東鉄道筑波線の筑波駅跡。ちなみに駅舎は現在関東鉄道バスつくば北営業所)までと同額なので、通常運賃と比べて割高ということではないのですが、だったら路線バスでもいいのに…と思いつつ乗車。乗りこむと運転手から「会員券」を渡されます。13時20分、座席が埋まったところで発車。適宜増発するのは予想した通り。

筑波山の参道が近くなってくると、マイカーで渋滞。結局定刻40分のところを1時間半、倍以上かかって何とか到着。市営駐車場が無料なんですね…こういう時くらいお金とっても罰は当たらないと思うのですが。

画像お参りを済ませて、帰りはシャトルバスではなく普通の路線バスにすることに…。たまたま止まっていたシャトルバスが、どう見ても普通の路線バス、しかも中型車で満員になっているのを見たということもありますが…。会員制のバスなのに立って戻るんですか〜。
係の人に「どちらまで?」と言われた際に、つい「筑波駅」と言ってしまい、「エクスプレスなら…」と言われて、慌てて「いえ、昔の筑波駅で…」と修正^^;。つくばエクスプレスが開通する前…去年までなら、「筑波駅」で通ったんですけれどね…。

画像しかし、路線バスが到着する少し前に到着したシャトルバスは、何とトイレ付の高速バス車両。確かに、「つくば号」が減便した後なので、この手の車両は大量に余っていると思うのですが、このバスだったら回数券が使えなくても全然大丈夫…と思ってしまったりしました。現実問題として、かなり渋滞が激しく、3キロ程度で1時間近くかかっているし、トイレが使えるなら全然安心感も違うし、マイカーにはトイレはありませんから、強力なセールスポイントになるのでは…と思ったことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


筑波山シャトルバス Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる