Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 当面は手探りで対応していくしかない

<<   作成日時 : 2006/01/07 02:46   >>

トラックバック 1 / コメント 3

さすがの国交相(成田空港B滑走路の件で、個人的にはあまりいい印象は持っていないのですが)も、天災相手ではどうしてもトーンは弱くなるようです。まあ、今回は局地的に発生した突風が要因になっているという話も出ていますから、どこかの新聞みたいに「風の息遣いを感じていれば…」とか、運転士が超能力者であることを前提にするような無茶なことは言わないと思いますが。
事故調結論前に運転再開 羽越線脱線事故で国交相
山形県の特急脱線転覆事故で不通になっているJR羽越線について、北側一雄国土交通相は6日の記者会見で「原因究明は続いているが、結果が出てからとは思っていない」と述べ、航空・鉄道事故調査委員会の結論を待たずに運転再開を認めるとの考えを示した。
北側国交相は「突風が大きな要因となっているのは間違いない。JR東日本が講じる安全対策を検討して判断したい」と語った。(Yahoo!ニュース-共同通信)
風速25メートル以上で運転見合わせ=羽越線脱線で規制強化−JR西日本
JR羽越線の脱線転覆事故を受け、JR西日本は6日、在来線について強風時の規制を強化し、風速25メートル以上で運転を見合わせると発表した。同日から実施した。事故は風が原因との見方が強まっており、強風時の対策を見直すことで、安全性を高める必要があると判断した。(Yahoo!ニュース-時事通信)
西日本は強風規制では「風速25mで運転見合わせ」を本則にしたようですね。

ところで、一般に航空界では鉄道と比べれば風に対する研究は進んでいると思いますが、実は原因が解明されているのに、未だにこれといった対策が立てられないものもあります。晴天乱気流(CAT)というものがあり、雲もないところで発生する(だから「晴天」乱気流というのですが)ので、レーダーなどでの予測も不可。もちろん風は目に見えませんから、前の飛行機が揺れているとか、そういった経験則で判断するしかない厄介な現象でもあったりします。
まあ、どこかの新聞に言わせれば、こんなのも「予測できるはず」と言われそうなのですが。

そういう意味では、突風がどれだけ予測できるのかというと、難しい問題ではあります。対策を立てるのにも相当な時間はかかると思いますので、当面の当面は暫定対策として、西日本の方策を適用してもいいかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JR羽越線、19日より運転再開。
昨年の12月25日の脱線事故から1月が経とうと していますね。 ...続きを見る
パワー全快!月収50万いくぞ!in Sy...
2006/01/20 11:15

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「風の息づかい」を感じられる超能力をお持ちの
運転士さんはいないでしょうから、風速計を増設
したりして、凡人でも感じられるようにすると
良いのでは?

重箱の隅をつつくような揚げ足取りは建設的では
ありません。

昔は、開放的な運転台と熟練した保線区員の存在で、
風の息づかいを感じることは難しくなかったのでしょう。
「合理化」による人員減を批判してきた人たちはこの
ような天災を予言していましたが、会社側は真摯に
受け止めず、このような事態になったわけです。

退職した運転士さんの中には今回の事故の現場
付近を危険と感じていた人がいたそうです。報じた
記事は、危険を感じていた現役運転士はゼロと
していました。
栗山さんのファン
2006/01/07 19:53
実際そういう文章なのは否定しません。実際、有効な対策がどういうものなのかというのが、見つかっていない部分はあります。それが今回の記事のタイトルになったわけですが。
今回の事故の主因は局地的な突風という結論になりつつありますが、現実問題として、風速計の増設をしたとして、突風にはどこまで対応できるのかという気もするのです。極端な話、風速計の脇を通った際に突風が襲ってきたら避けようがありませんし…。
文中で挙げたCAT(晴天乱気流)についても、発生原因はほぼ解明されているにもかかわらず有効かつ完全な対策というのは見つかっていないということを考えると、やはり気象相手の対策というのは、たとえ専門家であっても難しい問題なのだろうと思います。
のぞみくん
URL
2006/01/07 21:13
補足。
少しでも事故発生の可能性を少なくする案として、巡回先のブログでこんな具体案も紹介されています。かなり優れた案と思いますので、ご一読を。
http://d.hatena.ne.jp/MayField/20051228#metar
のぞみくん
2006/01/07 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


当面は手探りで対応していくしかない Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる