Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めて「E」の意味が明確になった?

<<   作成日時 : 2006/02/17 01:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4

仙台地区に投入されるE721系が落成したそうです。ホームの高さを嵩上げせずにステップレス化するため、床高さを下げたそうです。701系はステップ付でしたからね…。バリアフリー法があるために、低いホームが多い地区ではこんなことをしなくてはならなくなったわけですが、電車はともかく、気動車はエンジンがあるから一工夫必要かもしれませんね。
ちなみに、ホームを全て嵩上げというのは、全駅いっせいに行わなくてはならない上に、車両のステップを埋めなくてはならず、さすがに仙台辺りになるとあまり現実的でないのは分かります。
青と緑がおしゃれ アクセス鉄道新型車両到着
2006年度末開業予定の仙台空港アクセス鉄道(JR名取―仙台空港駅、7.2キロ)に、仙台駅から直通で乗り入れるJR東日本の新型電車が15日、仙台市に到着した。
兵庫県の製造メーカーから機関車でけん引された車両1編成(2両)は午後10時20分ごろ、仙台駅に着き、仙台車両センター(宮城野区)に移動した。車両点検後、20日ごろから試運転し、性能や乗り心地などをチェックする予定。
新型電車はシルバーを基調に青と緑のラインをあしらい、乗降口のステップをなくすなどバリアフリー化を図った。1編成は104座席で、立ち席を含めた定員は269人になる。
JRは開業時までに4編成(8両)を用意。アクセス鉄道を運営する第三セクター「仙台空港鉄道」も同型の車体を採用し、クリアブルーとオレンジの線を強調したデザインの車両3編成(6両)を導入する。(河北新報)
ところで、今回のE721系では、全く別の観点で興味を持った部分があります。
画像
JR東日本の車両形式は、1993年から営業運転を開始した「スーパーあずさ」に使用されているE351系以降、数字の頭に「E」がつくことになりました。これは、他社で同一番号を使用しても問題ないように、「E」を冠することで区別しようということだったと記憶しています。もっとも、今まで使われたことのあまりないような数字が使われたりしたこともあり、実際にはそうそう重複することはなかったのでした。
しかし、近郊型交流電車は711系・713系・715系・717系・719系と着実に埋まっており、JR北海道には既に721系電車が存在しているので、もし重複を避けるのであれば723系になるわけですが、ここで「E」を冠すれば重複にならないということで、E721系となったと思われます。

そういう意味では、E721系はある意味では記念すべき車両なのかもしれません。
ちなみに、E721系は仙台空港鉄道でも同一仕様の車両を導入することになっていますが、SAT721系だそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、新幹線ではかなり昔から東日本内部だけで「E付き」と「Eなし」がかぶってましたね(E2系と200系、E4系と400系、後者に至ってはお互い連結している)。JR同士での知恵比べもだいぶ進んでいるなと思いました。
なかたん
2006/02/17 08:37
E4系と400系は番号の重複がありませんでした^^;。
E2系と200系の場合は、215形・225形・226形などでバッティングしてますが、おそらく区分番台みたいな位置付けなんでしょうね。まあ200系は国鉄形車両なので、そういう意味ではやはり他社扱いだったのかも…。
のぞみくん
2006/02/17 10:47
JR東日本はE721を別形式として認識しているみたいですね。しかしファンからすれば難解形式となってしまいます。やはりE723として登場した方がすっきりして良かったのにと思う今日この頃です。
なべ吉
2006/02/17 20:35
相鉄がほとんどE231系そのもののような(しかも新津製)10000系を登場させていて、一部の人は「S231系」とか言ったりしていることもあり、私はあまり違和感ないんですけれど、まあ、この辺りは好みの問題もあるでしょうね。
のぞみくん
2006/02/17 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


初めて「E」の意味が明確になった? Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる