Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS バスの乗降方式

<<   作成日時 : 2006/03/18 02:37   >>

トラックバック 1 / コメント 3

画像普段乗っている路線バスに慣れていると、他の地区の路線バスに乗ったときによく戸惑うのが、乗降方式だったりします。例えば、私の地元のバス(神奈川中央交通・相鉄バス)は、後払いなら前乗り前降り、前払いなら前乗り後降りとなっていますが、全国的には後払いであれば中乗りだったり後乗りだったりする方が多数派ですね。
同じ会社でも油断は出来ません^^;。都営バスだって、23区内では前乗り後降り前払いですが、青梅地区に行くと中乗り前降り後払いですし…。

その会社に前ドアしかないバスが多い場合は、それにあわせてしまう例もあります。箱根登山バスなどはその例ですね。
変わったところでは、四国交通は道路環境が悪いので、バス待ちの人を巻き込んだりしないようにするということで前乗りに統一していると聞いたことがあります。真偽の程は定かではありませんが、いろいろ理由はあるのでしょう。

画像ちなみに私が今までに一番戸惑ったのが奈良市内。市内循環などの路線は先払いなので当然前乗りなのですが、郊外から乗り入れる後払いのバスは、中乗りの車両と後乗りの車両が入り混じっています(いずれ中乗りに統一されるようですが)。しかも会社は全て奈良交通ですので、前払いと後払いのバスが両方やってくるバス停ではなかなか大変と思いました。まあ、ここの場合はバスの系統番号で決まっていますから、それさえ把握しておけばどうって事はないのでしょうが…地元の人は慣れていますしね。
ただ、その時には「うちの地元のバスは、そういう意味ではわかりやすい方かな」と思ったのも事実でした。先払いだろうが後払いだろうが、とにかく前ドアから乗ることは間違いないわけですから…。

で、実際のところ、長い間続けて定着してしまうと、なかなか変更するのは難しくなります。
後払いの路線で、長い間前乗り前降り方式だった場合、道路沿いのガードレールがあると、バス停のところで1箇所しか開けていないことがあります。もう1箇所開ければ済む話…というほど簡単な話でもありません。バス停の部分だけでなく、その近辺のガードレールを全て交換しなくてはならないケースもあったりするわけで、バス会社だけでは済むことではなくなってきています。

もっとも、最近では車椅子対応のバスが多くなってきていて、バスは前ドアと中ドア、というのが標準的になりつつあります。今後はこれを基本にして道路のガードレール整備も進んでいくのかと。先に例を出した箱根登山鉄道バスも、中ドアを車椅子専用としながら、前ドアと中ドアのバスを導入しています。

画像神奈川中央交通も、伊勢原営業所でとうとう中乗り前降り方式を導入することになりました。

プレスリリースはこちら

一応実証実験ということになっていますが、まあ伊勢原営業所エリアではこの乗降方式で定着するのでしょう。実際には、京王バスとの共同運行区間の多い多摩地区などでは、京王バスが中乗り前降り後払い、神奈川中央交通が前乗り後降り前払いとなっていたりするので、このあたりから統一してもよさそうな気はしますが、恐らくガードレールの対応工事などが少なくて済むということで、この地区が選ばれたのではないかと想像していたりします。

もっとも、あくまで今の時期の私に限った話なのですが、後のドアはあんまり開いて欲しくないのです…花粉が多く入ってきそうだから^^;。だから、地元のバス利用の際には、だいたい後ろの方に乗っていたりします。ドアから遠いので^^;。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バスと整理券、乗車方式
バスの乗降方式 Cassiopeia Sweet Days/ウェブリブログ内に... ...続きを見る
Whitearrow Blog
2006/03/25 23:05

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

うちの地元は、まさしく運行している会社が京王電鉄バスと神奈川中央交通バスで、前者は中乗り前降り運賃後払い、後者は前乗り中降り運賃先払いです。もともとは京王電鉄バスも神奈中バスと一緒でしたが、かなり前に現在の方式に変わりました。最初の頃は間違う客もいましたが、今ではもう慣れたものです。バス停には一応、会社別の乗り場に並ぶように指示してあり、時刻表を見て確認します(時刻表には発車時刻に運行会社が明記。うちの地元は京王電鉄バスが中心なので、神奈中バスは「神」と記されている)。

ちなみに、私も6年前に突然アレルギーに襲われてしまいましたが、今年は昨年よりも多少マシですね。マスクしていれば、あまり気になりませんね。
しげそー
URL
2006/03/18 11:09
バスと言えば乗り降りもさることながら、『料金』も悩ましいところ。川崎市内は200円均一、東京都内210円均一。川崎から羽田の『空港入口』までだと210円なわけですが、羽田空港までだと270円なんですよね(笑)なんなんだそれって。
ちなみに、蒲田−羽田空港、大森−羽田空港も都内同士なのに270円。むむむ?

地方行くと『整理券』式のところとか、まだありますよね。
全国共通バスカードをつくっていただきたいわ。
のぞみさん、花粉に負けず春をのりきってくださいね。
Wich
2006/03/18 19:35
京王電鉄バスグループの場合京王バス東だけが前乗り後降り前払い、他の4社は(電鉄バス・バス中央・バス南・バス小金井)後乗り前降り後払いとなってます。
僕はバス東で運転士をしていますが、時々間違えて後扉から乗ってきたり、運賃を払わずに車内に入ってしまう人がいます。同じ色のバスで2種類の支払い方式を取っているんだから、間違える人が出てきても仕方がないなと思っています。
それと京王バスは都内区間200円均一でやっております・・・(都内ではうちと都営だけです)
いのぴょん
2006/03/27 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


バスの乗降方式 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる