Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS バス模型

<<   作成日時 : 2006/05/14 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近、トミーテックから「バスコレクション」というシリーズもののバス模型が出ています。ブラインドパッケージの常としてシークレットアイテムというものもあります。また、特定のものだけが人気があったりもするようです。大人買いしても全種類揃わない可能性があるところが何ともはや^^;。
今回で第8弾となりますが、少し出遅れたため大人買いは出来ずにバラで購入することになり、しかも宮崎交通ばかりが大量に当たってしまうというのも何だか^^;。

今回のバスコレ第8弾の中には、「国鉄東名ハイウェイバス」が含まれていました。中には「このバスは欲しかった」と長年思っていたものもあるわけですが、待ちきれずに改造して作ってしまうこともあったりします。今回の「国鉄ハイウェイバス」も、その中の1台でした。

もともと私が鉄道模型を始めた頃に、バスはアクセサリーとして発売されていたわけですが、当時は国鉄バスが好きだったこともあり、中学校の時に鉄道模型を開始してから間もないというのに、もうアクセサリーとしてのバスは何台も購入していたのでした。
しかも、その設定は「ハイウェイバスで使用していた車両を格下げで路線バスとして使用」というとんでもない設定(国鉄形式のバスは「大反力生ステアリングパワーステアリング」を装備していて、一般道路ではハンドルが大変重かったそうです)だったので、買ってきたバスは直ちに中扉を埋められ、窓回りサッシは落とされ、トップドアの上に左後方にWC装備となったのでありました。長さも全然違うけれど、まあ雰囲気重視ということで。

最初のうちはその程度でしたし、その後バスの製品も若干ながら多様化してきたこともあって、落ち着いていたのですが、壊れたりしたバスの代替としてどうしても「ハイウェイバスの車両」が作りたくなったのでありました。

画像ということで10数年前に作成したのが、自称「国鉄専用形式MS504Q」(写真上)。相当に無茶な改造をしております。というより、何しろカッターナイフと棒ヤスリだけで仕上げているので継ぎ目も目立ちますし(このあたりの処理は余り上手ではなかった)、そもそも手塗りだし、マスキングなしで塗っているので塗り分け線が歪んでいますし、変色したりしています^^;。
写真下が今回のバスコレ第8弾(シークレットアイテムの「ドリーム号仕様」)で、差は歴然としています。

しかし、この程度の出来であっても、Nゲージの運転会に行った際に駅前に置いたりすると、結構受けは良かったんですよ。というか、バスの改造なんかする方は当時はあまりいなかったと思うので(せいぜい塗り替えがいいところ)、余計に目立ったのかもしれません。
あと、全長・ホイールベースなど、写真だけを見て作った割には結構正確で、そういう意味での違和感がなかったのも大きいかもしれませんね。

さて、この手作りのバスですが、とりあえず今後も壊れない限りは保存しておくことにします。たぶん、それなりの技術をもつ人が手がければ、それなりの仕上がりになるはずですから、あくまで参考品ということで^^;。もしかすると、バスコレに近づけるべく、レストアするかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


バス模型 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる