Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 路面電車の弱点なのだろうか

<<   作成日時 : 2006/06/13 22:14   >>

トラックバック 1 / コメント 2

まあ、すごく悪い言い方になりますが、速度の遅い路面電車だからこの程度で済んだわけですね。
都電追突、26人けが 東京・北区の荒川線
13日午前9時40分ごろ、東京都北区栄町の都電荒川線で、試運転中の電車が急ブレーキをかけたところに、三ノ輪橋発早稲田行きの電車(1両編成)が追突した。東京消防庁によると、乗客の男女26人がけが、うち22人が搬送された。警視庁滝野川署によると、1人が骨折の大けが。
同署は、業務上過失致傷容疑で、追突した電車の男性運転手(30)らから事情を聴くなどして調べている。
都交通局は同日、「荒川線追突事故対策本部」を設置し、事故原因の究明を始めた。国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会も、調査官3人を現地に派遣した。(Yahoo!ニュース共同通信)
試運転、事前に周知せず 都電荒川線の追突事故
東京都北区の都電荒川線で試運転中の電車に三ノ輪橋発早稲田行きの電車(1両編成)が追突、乗客ら26人が負傷した事故で、荒川電車営業所が追突した電車の運転手(30)に、試運転の実施を事前に伝えていなかったことが13日、分かった。
警視庁捜査1課の調べに対し、この運転手は「前の電車が停車したことに気付きブレーキをかけたが間に合わなかった」と話している。捜査1課は業務上過失致傷容疑で捜査。両運転手らから詳しく事情を聴き事故原因を調べている。
都交通局によると、本線上で試運転をする場合、車両部門が荒川電車営業所に車両の番号や日時、走行区間を書面で通知。営業所内に勤務する幹部や担当者は試験予定を把握するが、乗務前の運転手に周知する仕組みにはなっていなかった。(Yahoo!ニュース-共同通信)
どうやら、連絡体制や判断ミスなどが焦点になりそうです。

ところで、「ATSなどの保安装置はないのか?」という話になりますが、実は路面電車にはありません。軌道法で最高速度が40キロとあまり高くない速度に設定されていることもありますが、ATSのような地上子を路面上に設置するのが困難だからです。ATCなら軌道回路…と思っても、道路上でレールの短絡が発生することもありますので、完全ではないことになります。そもそも、道路上を走っていて、周りの車はATSもATCもありませんから、避けようがないですね。

かといって、何もしなくてもいいということではありませんので、せめて電車同士でも何かいい方法はないかと思うのですが…。例えば、ある一定以内の距離以内にいる前の電車が非常ブレーキをかけたら、自動的に後ろ車両のブレーキもかかるような仕組みって出来ないですかねぇ?でも、路上で車の衝突を避けるための非常ブレーキで、何もないのに後ろの電車が止まってしまうのはまずいか。まちがって交差点の真ん中で止まったら、かえって困りますね。
難しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[ニュース]都電の試運転で追突事故
 という事で、今日も時差を追い掛けていきます。 ○都電荒川線で試運転中の電車が追突…急ブレーキで26人負傷 http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200606/sha2006061405.html  このニュースについては、勝谷誠彦がピンボケ講釈を垂れ流しているのですが、ここで真に議 ...続きを見る
五月原清隆のブログハラスメント
2006/06/25 01:43

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>ATSとかATC
そもそも複線区間の路面電車には、ほとんどの場合閉塞自体がないはずですよね。安全確認は完全に目視だったと思います。
勝田
2006/07/11 16:10
そうですね、道路信号の近くの架線にコンタクターをつけているところもあったと思いますが、基本的には道路を走るので、安全確認も車と同じで目視、ということですね。
のぞみくん
2006/07/11 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


路面電車の弱点なのだろうか Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる