Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 本数が多くなると、一方では…

<<   作成日時 : 2006/06/15 23:34   >>

トラックバック 1 / コメント 1

何となくどこかでそうなる可能性はあったとは思いますが、今まで踏切の存在があまり問題にならなかったというのは、逆にいえばいかに富山港線の運行本数が少なかったか、ということなんでしょうか。
ライトレール開業で渋滞に拍車 富山市の千原崎交差点 通過時間が10分から19分に
千原崎交差点富山ライトレール・富山港線の開業に伴い、富山市千原崎一丁目の千原崎交差点で、朝のラッシュ時の渋滞が悪化していることが十四日、分かった。千原崎交差点が富山港線の千原崎踏切と隣接しており、電車の運行頻度が高まったのに伴い、遮断機が下りている時間が増えたことが原因とみられる。同日開かれた富山市議会本会議で、岩脇秀三氏(社民)の一般質問に対して、市側が明らかにした。
現場は国道415号と主要地方道富山・魚津線(県道)が交差している。交差点の東側約三十メートルに千原崎踏切があるため、交差点を西から東に通過する際には、青信号で、かつ遮断機が下りていない状態でないといけない。
市の調査結果によると、午前七―八時のラッシュ時には、遮断機が下りている時間は合計十分五秒で、JR時代と比べて約二分長くなっている。このため渋滞が悪化し、以前は十分で千原崎交差点を通過できたのに対し、現在は十九分かかるという。
市は千原崎交差点の信号と、千原崎踏切を連動させ、踏切が開いている時に東西の信号を優先的に青にするシステムを導入することで改善を図るとしており、「県や県警などと早急に協議したい」(都市整備部)としている。(富山新聞)
旧246号まあ、このあたりは結構なんとでもなる部分もあるのではないかと。

ちなみに、踏切と交差点が近いことで渋滞するというのは、結構あちこちにあると思います。私の地元エリアでも似たようなところはあって、相鉄線の踏切と交差点が近く、並行道路から右折して線路を越えようとすると、昼間でもかなり時間を費やすことになります。これが国道246号線の旧道だったりします。だから246号線はバイパスがはるか北の方にある…というわけでもないかもしれませんが。

かといって、何でもかんでも立体化すれば…と言っても、用地的に難しいところもあるでしょうから、難しいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国道415号
国道415号線のバイパスが立開の近くから兵庫まで開通したね{/hakushu/} 兵庫の辺りは丘陵のようになっているけどここから先はトンネルを掘るのかなあ。 ともかく広くて立派な道路が出来てうれしいね{/good/} ...続きを見る
となみ野探検隊タケちゃんのブログ
2006/09/17 14:20

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>相模大塚
確かにここは交通量が多いのに立体化しにくいですね。地形的に踏切より交差点の方が少し下っているのという点がまたややこしいわけですし、ちょっと東には昔踏切と思われる物体(爆)があったわけですし。
なかたん
2006/06/16 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


本数が多くなると、一方では… Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる