Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS こちらのリニアは…

<<   作成日時 : 2006/09/25 21:36   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ドイツのトランスラピッドとは方式が全く異なりますので、「そんな危険な乗り物を…」とか言わないように。こちらは前回も書いたように、新幹線と同様に厳格な線路閉鎖で対応しているそうですから。
ちなみに、Wikipediaなどを見ると、結構違いって大きいんですね。JR式では浮上量は10cmだそうですが、トランスラピッドでは8mmしか浮かないのだそうです。
ドイツの「山梨リニア実験線」延伸計画、3550億円投資
JR東海の松本正之社長は25日、都内で記者会見し、リニアモーターカーの走行試験をしている「山梨リニア実験線」の延伸計画の投資額が3550億円に上ると発表した。
今年度中に着工する。トンネルや車両基地を建設するほか、新車両14両を導入する。
現在の山梨県都留市―大月市間(18・4キロメートル)を東西にそれぞれ延伸し、同県上野原市―笛吹市間(42・8キロメートル)とする。2013年度末から最長12両編成で走行試験を行う。
現区間では、時速500キロメートルの走行は約30秒が限界だが、延伸によって約2分に伸びる。地下40メートル以上の大深度地下を想定した技術的な検討も進め、「実用化に向けた技術を磨く」(松本社長)狙い。(Yahoo!ニュース-読売新聞)
しかし、ずいぶんと費用がかかるものですね。

ところで、いつ実用化されるかも分からないのに、どうしてこんなに一生懸命になるのか?ということですが、こうした技術は持っておいて困るものではなく、たとえJR東海がリニアを作らなくても、パテントだけでも結構な商売になるからではないかと。何しろ、トランスラピッドでは、既に技術の販売まで行われていて、現に中国・上海では営業運行を開始していますから。
東海道新幹線―その足どりとリニアへの展望

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JR東海、リニア実験線を延長へ
 山梨リニア実験線の設備更新および延伸に係る設備投資計画の決定について(PDF)|JR東海ニュースリリース ...続きを見る
kqtrain.net(blog)
2006/09/27 20:09

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


こちらのリニアは… Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる