Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ通勤は楽になりそうにありませんが

<<   作成日時 : 2006/11/28 21:46   >>

トラックバック 1 / コメント 2

相変わらず東京の電車は混雑していますねえ…としか言いようがないのですが、まあこればかりは現状では仕方ないでしょう。
首都圏の鉄道3割で混雑率上昇、上野―御徒町216%
国土交通省は27日、首都圏の鉄道12社の42路線について、2005年度の混雑率を発表した。
全体の3割を超える15路線で最も混んでいる時間帯・区間の混雑率が前年度よりも上昇した。
混雑率の最高はJR山手線の上野〜御徒町間(外回り)の216%で、「体が触れあい、相当圧迫感がある」200%を大きく上回った。上位10路線のうちJR東日本が8路線を占めた。JR以外では東京地下鉄(東京メトロ)東西線の木場〜門前仲町間が同率7位(198%)、東京急行田園都市線の池尻大橋〜渋谷間が同率9位(194%)でワースト10に入った。
国交省が望ましいとしている「折りたためば新聞を読める」180%以下を、JR、東京メトロ、東急、小田急電鉄の4社、16路線で超えた。国交省は「混雑率が高い区間は、時差通勤など利用者の協力が必要」としている。(Yahoo!ニュース-読売新聞)
さてさて、混雑する電車というと、つい15年くらい前は小田急が代表格だったと思います。何しろ、編成中間の運転台をなくして…とか、どう見ても窮余の策としか思えない施策ばかり目についてましたから…。
で、当時の鉄道雑誌の記事を読むと、「小田急は混雑がひどいから、多少遠回りでも中央林間で東急に乗りかえる方が楽」という人もいると書いてあったような気がします。

しかし、今回のワースト10線区の中には、小田急の名前はありません。そして、楽に通勤できるはずだった東急田園都市線が、ワースト10入りしているという…。まあ、田園都市線の沿線は、1990年代にもかなり開発が進みましたし、港北ニュータウンというのもありますので、まだ乗客が増える可能性が大きかったわけですね。
…もしかして、田園都市線に乗り入れてくる30000系が減って、代わりに50000系が入ってくるようになったのは、もしかして「編成中間の運転台をなくす」という目的もあるのでしょうか。

そうは言っても、小田急もそんなに混雑率が低下したわけではないので、東急から小田急という転移はあるのかどうか。ただ、当時「東急の方が楽」と言っていた人は、今ごろ「こんなはずじゃなかったのに…」と思っているかも知れませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国土交通省、首都圏の鉄道12社の42路線の2005年度混雑率発表
 公共交通の「快適性・安心性評価指標」について|国土交通省報道発表資料 ...続きを見る
kqtrain.net(blog)
2007/12/05 21:22

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の使っている東上線はワーストには入ってませんでしたけど、準急は兎も角、急行の混雑は凄まじいんですよね。各停が空いているので薄まるのでしょうけど・・・
mac
URL
2006/11/29 11:58
田園都市線の急行で座って、しかも脇に荷物を置いて通ってます。朝でも下りはこんなもの。楽に通勤したければ居住地と勤務先を選ぶのも方法でしょうね。
雲葉
URL
2006/12/07 01:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


まだまだ通勤は楽になりそうにありませんが Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる