Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の「かしてつ」乗り歩き

<<   作成日時 : 2007/01/20 20:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

いよいよ3月限りでの廃止が確定的になった鹿島鉄道。よく考えたら全線は乗っていないし、しかも夜だったし、乗ったことの有る車両も軽快気動車のKR-500形だけ…。ということで、ふと思い立って乗りに行く事にしました。

厚木あたりから石岡に行く場合、たいていの場合は一旦新宿に出て、このあと上野に移動して常磐線…というのが通常のパターンだと思うのですが、今回往復で利用したのは「ベイライナー水戸・横浜号」。神奈川県と茨城県を直結するのはこのバスだけである上、何と石岡にも停車します。「かしてつに乗りにいくのならぜひ」と言わんばかりの設定。2枚つづりの回数券もあり、片道2500円の区間が2回分で4200円と、手頃な値段です。

ということで、朝一番のバスと相鉄線を乗り継いで横浜へ。7:30発のバスは京浜急行バス担当。乗り場には券売機もあり、回数券のボタンもあるのですが、どうも5千円札は対応していないようなので、乗務員から購入。渡された回数券は、JRバスの地模様でした。どうやらこの路線、幹事会社はJRバス関東のようです。

渋滞のため石岡に到着したのは20分遅れでしたが、近くの西羽黒バス停から石岡駅までのバスは30分に1本はありますので、さほど不便はありません。近くにコンビニもありますし。当初予定の9:52発には乗れないので、10:29発の鉾田行きに乗ることにしましたが、これが何とバス窓のキハ432。

実は、ちょっと気になっていたことがありました。というのは、公式ページには「構内での撮影は禁止しています!」と書いてあるのでした。撮影マナーが良くない人が多いから警告なのか、それとも末期の野上電気鉄道のように、何でもないことにまで罵声を浴びせたりと、異常なまでに社員の対応が硬直化しているのか…。
ところが、現実に石岡に来てみると、撮影者は場所を入れ替わったりしてお互い気を使っていますし、そもそも何人も駅員や乗務員の方がいるのに、撮影しているのを見ても警告なども一切なく、そもそも嫌な顔さえしていません。少し奥に停車していたキハ601を撮影してみましたが、ホームの端にはこんな立て札がありました。
これより先 構内での撮影を禁止します
構内って機関区の構内のことだったんですね。確かに、これだけの人数が機関区で撮影したいと言い出したら大騒ぎですし。正式に団体見学としての申し込みであれば受けてくれるようで、車庫内にも撮影している人が多くいました。いずれにしても、ホームでの撮影は全然問題ありません。
画像


この時点で、キハ600形は2両とも庫内だったので、どうやら今日はキハ430形とKR-500形で運行しているようです。まあ日本最古の気動車が見られただけでも良いや…と思いました。鉾田行きに乗り込みますが、車内はかなり混雑しています。普段からこのくらい乗っていれば、廃止にはならなかったと思いますが…まあ、それはそれとして。まだ学校が休みに入っていないのにこの調子だと、春休みに入ったら一体どうなることやら。

画像

結局、全く座れないままで鉾田駅に到着。駅構内のお店では鯛焼きを売っているのですが、あまりに忙しいので普通のつぶあんのみとなっています。ここの鯛焼きはさめてもおいしいと聞いているので、4つ購入。
画像

折返しの列車で玉造町駅まで戻ります。ここで、無料駐車場に止めた人が列車に乗るとのことでしたが、車から列車までは直線距離でも100m程度あり、なおかつぐるりと回らないといけません。「えっ!あの人もこれに乗るの?」と言いたくなるような距離だったのですが、何と駅長さんの判断で、線路を渡って直接ホームに上がってもらうことに。お年を召した方だったのですが、近くで撮影していた人が下から押して、駅長さんが手を取って引き上げるという見事な連携プレー。2分ほど遅れましたがなんとか発車。
玉造町駅の1つ手前、榎本駅で、対向列車が遠くに見えてきたのですが、これが何と、さっき車庫で寝ていたはずのキハ601。

玉造町駅ではレンタサイクルを借りようかと思っていたのですが、何と土休日は営業していない模様。なぜレンタサイクルを借りようと思ったかというと、撮影してみたい場所があるからです。浜駅の近くなので、浜駅で最初から降りれば…と言いたいのですが、回りに何もなさそうだったので…。結局タクシーでそこまで行くことにしましたが、初乗り運賃で済んだのでいいかな。近くにはレストランもあるようなので、浜駅で降りても良かったかも。
画像

で、結果的にタクシー利用は正解だった事になりました。というのは、列車1本後にしただけで済んだわけですが、次の石岡行きは、さっきすれ違ったキハ601なのでありました。
画像

さて、さっきからキハ601にこだわっているのですが、もともとこの車両は国鉄キハ07形で、数々の大改造を受けて今まで稼動していたのですが、製造年は1936年。既に車齢70年に達していて、日本の現役気動車では最も古い車両なのです。
ちなみに、混雑するとキハ600形の出番らしいです。何しろ、現役最古にして、かしてつ最大の収容力を誇る車両でもあったりしますので。

これで常陸小川まで行き、ここでも1本列車を落とします。混雑のため遅れが出ているようです。
1本落としたのは、さっきのキハ601の折返し列車の撮影のため^^;。石岡南台で一旦下りて、また1本落とそうかと思ったのですが、後から運転士さんが「撮影したらまた乗る?この後しばらく列車はこないよ」とのこと。ありがたく撮影後に乗せて頂きました。

ということで、石岡に戻ってきたのですが、何と言いますか、多分これが最後だから…という点を割り引いても、少なくとも現時点では、趣味者の来訪を積極的に歓迎している印象さえあります。鉄道趣味に理解があるというか…仮に、この鉄道が車両の動態保存が主目的の鉄道だったとしても、違和感がないんですね。今日見た限りでは、撮影者のマナーも特に悪くなかったみたいですし。
百里基地の燃料輸送が続いていればねぇ…といっても仕方ありませんが。

あと2ヶ月ちょっと、無事故であることを祈りつつ、石岡15:23発の横浜行き高速バスで帰途についたのでありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
「構内での撮影は禁止」という公式HP内に注意書きが出て以来、駅構内での撮影も駄目なのかと考えていましたが、特に撮影禁止では無いようですね。もちろん、機関区への無断立ち入り・許可無き撮影は禁止ですが・・。


まめ写真館
URL
2007/01/20 23:47
何となく思ったのは、公式ページの記載は「お互い気持ち良い気分のまま終わりたい」という社員の方々の気持ちなのかもしれません。本当にみんな親切な方ばかりでしたし…。
のぞみくん
2007/01/22 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


最後の「かしてつ」乗り歩き Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる