Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS これがほんとの「目玉商品」^^;

<<   作成日時 : 2007/02/12 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 1

見出しの「妖怪化」ってのは何とか…したくても、他に表現がないのか^^;。
妖怪列車:最後は「目玉おやじ」 JR境線、列車8割を妖怪化/鳥取
◇1両に65カ所描く
JR境線(米子―境港駅)に11日、境港市出身の漫画家、水木しげるさん(84)の妖怪キャラクター「目玉おやじ」を車体に描いた列車がお目見えした。妖怪列車は05年11月以降、「鬼太郎」「ねずみ男」「ねこ娘」が登場しており、「目玉おやじ」が4種類目。妖怪列車づくりはこれで完了、同線の列車の8割は妖怪化されたという。
「目玉おやじ」列車には、「鬼太郎」の頭に立ったり、サクランボを食べる「目玉おやじ」が1両につき計65カ所登場。JR西日本米子支社や境港市、米子市、県でつくる「境線観光路線化連絡会」が約200万円で手掛けた。
「目玉おやじ」列車の登場は不規則だが、同支社は3月中旬にも1日限定で、この4種類の列車を連結して運行するという。(Yahoo!ニュース-毎日新聞)
ここまで来ると、勢い以外の何物でもないですね^^;。いや、別に否定的な気持ちは全然ないですし、むしろ沿線自治体(特に境港市)が協力的というのは、いいことだと思いますから。

そういえば、数年前には境港大正郵便局が水木ロード郵便局に改称し、風景入日付印まで鬼太郎が入っていたりと、実に徹底的ですね^^;。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 地方都市の住人からひとこと。大きな企業があっても、従業員は正社員ではなく、派遣やパートの非正社員なので、税収がさほど上がらないのです。こうなると、頼みの綱は、いかに観光客が来てくれて、お金を落としてくれるか。
 境港市も人口が少ないので必死なのでしょうね。大手企業の工場が建ち並んでいるわけでもないので、いかに観光客を誘致するか。
 「目玉おやじ」にあやかって「目玉商品」になってくれることを願うばかりです。
 私の住んでいる都市はどうするのでしょうか?
はぐれメタル純情派
2007/02/12 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


これがほんとの「目玉商品」^^; Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる