Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 関東のJR線を走るSLはD51で決まり

<<   作成日時 : 2007/02/02 21:47   >>

トラックバック 3 / コメント 1

以前群馬に住んでいたのですが、実のところD51 498は「そこにいて当たり前」の蒸気機関車という印象になってしまっています。というのは、蒸気機関車運転士の養成にも使用されているので、運転日以外でも有火状態というのが、そんなに珍しいことではなかったんですね。
「デゴイチ」街中を疾走 JR内房線・千葉〜木更津駅間
「デゴイチ」の愛称で知られる蒸気機関車(SL)「D51」が1日、千葉県のJR内房線・千葉〜木更津駅間(約35キロ)を走った。千葉県内でのSL運行は18年ぶり。
観光客誘致のため、千葉県とJR東日本などが1日から始めた「ちばデスティネーションキャンペーン」に伴う臨時運行で、沿線各所にはカメラを構えた大勢の鉄道ファンらが陣取った。
同日午後0時46分に千葉駅を出発したD51は市街地や田園地帯を疾走。踏切内に身を乗り出したファンに安全センサーが反応して緊急停車するトラブルが数カ所で起き、14分遅れの同2時15分に木更津駅に到着した。
今後のD51運行は3、4の両日と、10〜12日の各日で、木更津〜館山駅間を1往復する。乗車券は完売済みという。(Yahoo!ニュース-産経新聞)
ということで、高崎あたりにいると珍しくもない(なんて贅沢な^^;)D51 498ですが、関東地区での運行ということになると、ほぼ間違いなく登場ということになります。C57 180でも、真岡鉄道のC11 325でもよさそうに思えますが、決定的な違いがあります。

それは、D51 498にはATS-Pが搭載されているということです。ATS-Pの設置は、1989年には既に行なわれ、同年8月には、初のATS-P実用化線区である京葉線を走行しています。もちろん、他の蒸気機関車にはそんな装備はありません。2006年にはATS-Psも設置され、保安装置という意味では最も広範囲の走行が可能な蒸気機関車となっています。

でも、もし現在においても蒸気機関車が現役だったら、きっとATS-Pも設置されたでしょうから、そういう意味ではD51 498は、鉄道の進化の流れにしっかりと乗っている蒸気機関車である、とも言えるのかもしれません。

ところで、琵琶湖あたりでC56 160やC57 1が走る時があるのですが、ATSってどうなっているのかな…?と思って調べたら、東海道線あたりは拠点P方式でATS-SWと併用、北陸本線はATS-SWなんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ありがとう!D51
今日は『ちばデスティネーションキャンペーン』で2月1、3、4、10、11、12日の6日間のみ運行するD51を見てきました。 最終日ってこともあり、結構人がたくさんいてビックリ。 せっかくだから、もっと近くで見たいと思って入場券を買ってホームでスタンバイしました。 ...続きを見る
141chanの気まぐれ日記
2007/02/12 12:08
蒸気機関車をめぐる あれこれ
今週は『鉄』系で ...続きを見る
ちび通 写真日記
2007/04/15 09:57
犬山城
oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。 ...続きを見る
青春18切符で行く,日本の「城」巡り42
2011/01/11 12:17

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
きょうは、観光したかったの♪
千葉までJRが状態に運行したよ♪
きのうは機関車も運転するつもりだった?
JRは火は疾走したの?
BlogPetのAcky
URL
2007/02/03 11:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


関東のJR線を走るSLはD51で決まり Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる