Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 過労運転と言うのは簡単だけど

<<   作成日時 : 2007/02/20 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

何だか大阪のバス事故、おおごとになってきたようです。
<バス事故>社長の妻が交代要員、事故前に下車
大阪府吹田市で「あずみ野観光バス」(長野県松川村)の大型観光バスがコンクリート柱に衝突し27人が死傷した事故で、同社の下総建司社長(39)の妻の美和子専務(44)が事故前、バス運転の交代要員として乗っていたにもかかわらず、滋賀県の名神高速道路・草津パーキングエリアで降りていたことが、府警吹田署などの調べで分かった。乗客ら複数の関係者が専務の降車を目撃していた。一緒に運行していた同社の別のバスに乗り換えたとみられ、府警は同社が運転手不足の状態で運行していたとみて調べている。
同社は事故当日の18日、スキー客を乗せて長野―大阪間で4台のバスを運行。バスをチャーターした旅行会社は1台当たり運転手2人の条件で契約したが、府警の調べで、同社の運転手はこの日4台につき6人しかいなかったことが判明した。
下総社長は18日夜、報道陣に対し運転手不足を認めたうえで、事故当日は「交代してハンドルを握っていた。(事故を起こしたバスも)途中で運転を交代している」と話していた。しかし、府警のこれまでの調べでも、専務が運転を交代したのを見た乗客がいないことから、4台のバスの運転の分担方法について、同社から押収した運行計画などの資料を調べる。(Yahoo!ニュース-毎日新聞)
まあ、これで思うことはいろいろあるのですが、乗務員不足の遠因は、貸切バスの業界での過度な競争にあるのかもしれない…という気もします。具体的には、発注額が異様に安いとか。往復7万円程度で受注するケースもあるようなのですが、普通に乗務員2人体制で運行すると赤字になってしまいます。
そこで、ルートの大半を一般道路経由にしたり、あるいは乗務員の運用をひねったりしているようです。基本的には、ワンマン運行では1日400km以上乗務してはいけないことになっているのですが、現在は途中で2時間程度の仮眠をとればワンマンでもかまわないことになっていた記憶があります。

で、そういう自助努力を知らないか、知ってても関係ないものとして、「この金額で出来ないようなら他にあたるから」というような態度で接するような旅行会社(あるいは担当者)にあたると、大変ですね。どこかで無理が出て来てしまうことになります。

トラックの世界でも、静岡から青森まで16時間で行くようなオーダーがあり、1人で延々と運転するという記事を見たことがあるのですが、貸切バスもそういう世界に近くなってしまっているのでしょうか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 バス業界の規制緩和が進んできて、関西圏でも、観光バスとタクシーを運行してきたヤサカ観光が路線バスを運行し始めたりとか、派遣会社大手のクリスタルが、南海バスの観光部門を買収して、『クリスタル観光』として参入したりと、大きな動きが出てきています。

 また、今回のことに関連してなんですが、大阪でも、梅田や万博記念公園などで、スキーバスが20〜30台止まっていてたくさんのスキーヤーが並んでいる光景を見ます。格安で、スキー場に直接行けてということで、ニーズが高くなってきているのでしょう。あきらかに地元のバス会社と思われるバスも停まっていたりします。まあ、そのあおりを食って、関西圏発のシュプール号が運転休止に追い込まれたのですが。

 知り合いの方に聞いたのですが、運転手が派遣社員で、集合場所で初めて、当日の運行がどうなっているのかとかを確認するような状態になっているそうです。

 コストダウンのためにギリギリの運行を余儀なくされる会社や、そこで働く労働者にとって、本当に厳しい時代だと感じざるを得ないです。
moritaku
2007/02/21 09:27
 事故が起こったことは、食堂のテレビ(NHKニュース)が伝えていました。
 係長が「建設会社と一緒や」と言いました。ツアー会社がコスト重視で会社を選ぶ構図が、建設会社の入札システムと似ていると言います。
 大阪の旅行会社が長野のバス会社を選んだか。大阪なら冬用タイヤなどの備品代がかかるが、長野なら一式計上しているので、安くで応じてくれるからくりです。帰りは、長野へ行く客を乗せればいいのです。今回事故を起こしたバス会社は、零細企業。「車を遊ばせるよりも、やりくりして動かした方が赤字は回避できる」と、相手の言い値で応じたのでしょう。今回の事故ではっきり言えることは、「規制緩和が事故を誘発した」、「格差社会が、安きに流れる構図を生み出している」ことでしょう。ツアー客だって、給与カットでいかにして安くで遊ぶか考えざるを得ない状況下にあるのですから。
 役員報酬や株主ばかりが厚遇され、労働者の賃金が削られている構造の転換を図り、労働者に適正な賃金を与え、適正な価格で市場が回るようにしなければ、悲劇はまた繰り返されることでしょう。
はぐれメタル純情派
2007/02/21 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


過労運転と言うのは簡単だけど Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる