Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS こべっこII世号

<<   作成日時 : 2007/04/14 21:16   >>

トラックバック 1 / コメント 1

三宮駅からは神戸市営バスで市営バス中央営業所に向かいます。途中HAT神戸や市営の有料道路を渡ったりする循環路線に乗り、第五突堤で下車。
ここは事前に連絡しておいたので、営業所の事務室に行くと「聞いております、では早速…」と、車庫の一角に向かいます。

ここでのお目当ては、神戸市交通局が保存しているボンネットバス「こべっこII世号」。以前にも書きましたが、もともと神戸市営バスではボンネットバス「こべっこ号」を保存していたのですが、排ガス規制と部品確保の問題から走れなくなり、いすゞのトラック「フォワード」の足回りを使用したレプリカを作って動態保存し、イベント時などに展示走行しているのです。
画像
このスタイルで、1993年製とはとても思えませんね。
もっとも、排ガス規制の強化で、1993年の車両であっても車検が更新できなくなるので、2006年にはCNG(圧縮天然ガス)バスに改造。見た目とは裏腹に、走っても黒煙はゼロ。製造年代が年代なので、冷房ももちろんあります。

懐かしい車両がどんどん過去のものになっていき、レトロ調で再現しても、どうしても「作り物」という印象があるものは多いです。しかし、この「こべっこII世号」はそんなレベルではありません。細かいところを言い出せばキリがありませんが、よくぞ、ここまで再現したものです。

クラシックカーでは、レプリカの製造というのは時々聞きますが、ボンネットバスのレプリカというのはあまり聞きません。少なくとも、現在の日本ではこの「こべっこII世号」だけです。
こんな方法があるのなら、もっと広まって欲しいかも…とも思うのですが、なかなかそうはいかないようです。ただ、少なくとも「こべっこII世号」は貴重な前例となりました。前例があるのだから、そのうち一般的に…なって欲しいなぁ、と思ったりしました。

神戸市交通局並びに中央営業所の皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レプリカ ボンネットバス
「こべっこ二世」号という名で、神戸市交通局が1993年製のボンネットバスのレプリ ...続きを見る
南武庫之荘通信
2007/04/15 07:43

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
バスのこと…?
BlogPetのAcky
URL
2007/04/15 13:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


こべっこII世号 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる