Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS ツアーバスの行方は?

<<   作成日時 : 2007/06/01 21:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

最近NHKスペシャルでも会員制ツアーバスについて取り上げていたので、恐らく以前よりは「安ければいいってものじゃない」ということが分かってきた方は増えてきているのではないかと思うのですが。
なお、いくら4000円台で乗れると言っても、「青春ドリーム」はれっきとした路線バスですので念のため。
<ツアーバス>業者の8割が法令違反 長時間勤務など
長距離のツアーバスを運行する114社のうち、国土交通省が4月に集中監査した84社の約8割(68社)が運転手の拘束時間が長いなど道路運送法令に違反していることが分かった。路線バスを除く貸し切りバス全体でも316社のうち204社で違反が見つかった。初の全国的な集中監査だったが、新規参入かどうかにかかわらず違反が横行していた。同省は行政処分するとともに「構造的な問題がある」として近く専門家を集めて対策を検討する。
監査は2月に大阪府吹田市でスキー客を乗せた大型観光バスがコンクリート柱に激突し、27人が死傷した事故を受けて行った。事故の背景に運転手の長時間勤務などがあったため、ツアーバス84社や新規参入事業者のうち監査を受けたことがない155社などの実態を調べた。
この結果、ツアーバスでは半数近い40社が、1日最大16時間とされている運転手の拘束時間を超えたり、4時間以内とされる連続運転時間を守らないなど過労防止義務に違反していた。貸し切りバス全体でも約3割が違反し、運転手の過労ぶりが浮き彫りになった。
また、ツアーバス業者の4割近い31社は時間や経路、休憩時間などを会社が決めて運転手に渡す運行指示書に不備があるなどの法令違反があった。
貸し切りバス事業者は、新規参入規制を緩和した直後の00年3月には2336社だったが、6年後には3923社に激増している。(Yahoo!ニュース-毎日新聞)
画像路線バスはどうなのかというと、泊まりが多くなって大変だ…という話は聞こえてくるのですが、それでもこうした会員制ツアーバスよりはぜんぜんまともだと思います。
先日乗ったジェイアールバステックは、途中に乗務員交代の拠点がないので、東京と名古屋の間をずっと1人で運転するそうなので、一見きつそうに見えますが、片道の運行が終わったら1仕業終わりだそうです。途中で休憩は3回ありますし、とにかく無事に終点に到着すれば一晩休めるということで、気分的にはだいぶ楽に感じるようですね。

まあ、別にツアーバスを否定する気はないのですが、現状ではあんまり乗りたくないかも…。

さて、こうしていろいろと取り上げられたことで、どう変わるのか?あるいは何も変わらず、バス会社だけが割を食ってしまうのか?高速路線バスとのすみわけはどうなるか?今後も注目したいものです。

※画像と内容は全く関係ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「安ければいいってものじゃない」が浸透してきたのはいいのですが、ブログなどを見ると「安かろう悪かろう」みたいな短絡的な意見が散見されます。

東京〜大阪1980円という見出しを見て安全性が云々言う人がいますが、要するに超得割青春号と同じで補助席を使っているからです。

価格の差は主にサービスの差で決まっており、安全面のコストが価格に反映されているようには思えません。このような状況で「高ければ安全」というような風潮になっているのはいかがなものか、と思います。
ひじ
2007/06/03 14:33
先日のNHK特集でもバス事業者側の必死の努力についても取り上げられていたこともあって、安いから不安全でないということは分かってきたと思います。
ただ、以前にも書いたのですが、ちゃんとした旅行会社とそうでない旅行会社の差があるのかもしれない…とは思います。先が読める長期契約で専用車を用意できるようなところだと、バス会社としても利用者としても安心だと思うのですが、それこそ「これで出来ないなら他をあたる」というような考え方の旅行会社には、個人的にはあまりお世話になりたくないですね。
のぞみくん
2007/06/03 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


ツアーバスの行方は? Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる