Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道とバスの連携

<<   作成日時 : 2007/07/22 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

鉄道とバスが接続している場合、定時運行していればいいのですが、バスが遅れたりすると、「次の電車は何分だっけ…」と考えてしまうケースも多いかと思います。逆に、深夜バスに乗り継ぐはずが、電車が遅れたためにタクシーを使う羽目になったりとか…。
バス・鉄道運行情報システム」を8月8日(水)から導入します』(PDFファイル)
まあ、方策自体はぜんぜん目新しいものではなく、東急などでは以前から行なっていたものであったりします。では何が違うのかというと、一言でいえば人手がかからず出来るようになる、ということだと思います。
小田急と神奈中が接続している駅はごろごろしているはずですが、その中から本厚木駅が選ばれた理由は、一番遅い深夜バスが終電と接続していることと、全ての車両がGPSバスロケに対応していることでしょうか。

ところで、このプレスリリースには、個人的にはもっと興味深いこともありました。
神奈川中央交通では、2007年度中に、厚木市内に導入予定の連節バス「ツインライナー」の車内に液晶表示器を設置し、同システムの活用により、小田急線の運行情報や出発時刻等を表示し、さらなるお客さまの利便性の向上を図ります。
とうとう公式リリースとして出ました。ここまで書けるということは、警察や道路管理者との調整は進んでいると考えてもいいかと思います。既に厚木バスセンターと厚木アクストでは連節バス対応工事は済んでおり、あとはいかにして特認をもらうかを考えているものと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


鉄道とバスの連携 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる