Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプスあぷとライン

<<   作成日時 : 2007/10/11 19:05   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像そんなわけで、今回は大井川鐵道井川線に乗ってきました。車でいろいろ撮影に回ったりもしたのですが、「お金も落とさなくては」ということで、井川線フリーきっぷ(2300円)も購入。

千頭から接岨峡温泉までは比較的楽に車でも移動できるのですが、小さい駅などはかなり狭い道を通らないとたどり着けませんでした。特に一昨日訪問した尾盛駅に至っては、車内放送で「ただいま停車しました尾盛駅、周りに民家はなく、道路もないので井川線を使わないとここにくることはできません。ではなぜそのような駅があるかというと、井川ダム建設時に飯場があったためです」と、秘境駅であることを言うという…^^;。

以前にも書きましたが、井川線はかなりミニサイズな鉄道でありまして、冒頭の画像だと結構堂々としているのですが、車体の巾は1.85Mしかありません。高さも2.7M程度ですので、1両1両は結構小さいんです。速度も20km/h程度でのんびりと進むわけですが、山の急斜面を縫うように走るので、かなり楽しいです。

大井川鐵道というと、どうしてもSL列車が有名なのですが、こんなミニ列車でそこから少し先に足を延ばして行くのもいいのではないかと思います。なかなかに景色がいいところもありますので。
大井川鐵道井川線 (RM LIBRARY 96)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
終点駅前で売っている「木耳の佃煮」はなかなか良いデス。

確か、地元産と長野産と中国産があって、勿論オススメは地元産。
通りすがり
2007/10/12 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


南アルプスあぷとライン Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる