Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 山梨交通電車線の痕跡

<<   作成日時 : 2007/11/15 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、甲府に着いたら、早速南アルプス市・芦安方面のバスに乗車、荒川橋で下車します。なぜこんな場所で降りたかというと、かつての山梨交通の軌道線の名残が残っているということを社史で読んだからなのでした。甲府方面行きのバス停は、なんと橋のど真ん中にあるのです。
画像
単に通過しているようにしか見えませんが、実は乗降扱い中です。バスがいないときはこんな感じです。
画像
このあと、いったん南アルプス市域まで行った後に、甲府行きのバスに乗ります。7:30〜9:00のバスは、交通規制のために「廃軌道」と呼ばれる道路を経由するのです。ぱっと見ではただの道路にしか見えませんし、電車がなくなってから45年も経つというのに、今でも「廃軌道」で通用するというのが、地域の人に親しまれていた鉄道である証拠なのかもしれません。
山梨交通60年史―甲府盆地のくらしとともに

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


山梨交通電車線の痕跡 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる