Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS バスイベント

<<   作成日時 : 2007/12/02 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まあ、徹夜までして部品購入しようとは思いませんけれど、都合がつけば行ったんですけれどね…。
バスまつり:ファン垂ぜんの部品即売も−−国際興業、きょう/埼玉
鉄道博物館(さいたま市)のオープンに注目が集まる中、バス業界も負けていない。県や東京都内を中心に乗り合いバスを走らせる国際興業(本社・東京都)は2日、さいたま市緑区上野田の同社さいたま東営業所で「バスまつり2007」を開く。部品即売などファン垂ぜんの企画を用意。広報担当者は「鉄道も良いが、バスまつりにもぜひ足を運んで」と来場を呼びかけている。
利用者や沿線住民への感謝として92年に始まった。部品を手に取って購入できる「お宝」即売会を目当てに毎回、入場待ちの徹夜組が出るほどの人気になった。営業所移転に伴う休止を挟み今年で12回目。昨年は1500人を超えるファンや親子連れでにぎわった。
今年は同社の路線・観光バスを多数展示し、撮影用に運転席を開放して制帽も貸し出す。また、新型高速バス「ブルースター号」の試乗会のほか、小学生以下を対象にクイズラリーも企画している。即売会では、廃車の行き先方向幕や案内放送テープ、停留所案内板(各数百点)に加え、オリジナルミニカーやカレンダーなどファンにはたまらないグッズを販売。担当者は「ほかにも希少価値のある目玉商品があります」と話している。
午前10時〜午後3時。入場無料。詳細は同社ホームページ(http://www.kokusaikogyo.co.jp)(Yahoo!ニュース-毎日新聞)
ところで、一般的にバス趣味というのは鉄道趣味以上にマイナーな印象がありますし、事実趣味者の絶対数も少ないわけですが、車両に限ればそれほどマイナーな話でもないと思っています。というのは、バスはつまり大型乗用自動車でクルマの一種ということで、専門用語にはクルマ用語がかなり多いんですね。

7月にJRバス関東のイベントに行ったときも、展示車両の運転席などに座っていろいろ操作する、という方は多かったですそういえば、以前国際興業では自動車学校を借り切ってバスの運転体験ができるというイベントを行ったことがあった記憶が。かなりの盛況だったと聞いていますので、やはり運転には結構興味がある方もいらっしゃるのではないかと思います。そういうイベントがまた行われないかなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


バスイベント Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる