Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら「すかいらーく」(2)

<<   作成日時 : 2009/10/27 23:57   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ということで、昨日の夕食は本当にすかいらーく相模原南台店に行ってきました。
画像
入口の看板、駐車場のお断り書きも、これで見納めになるのだろうと。
画像
店内に入り、メニューを見ることにします。グランドメニューだけで、既にフェアメニューはありませんでした。
画像
何を食べようかといろいろ考えたのですが、昔アルバイトしていたときに高くて食べられないと思っていたサーロインステーキにしました。
画像
ドリンクバーも一緒に頼みますが、昔はドリンクバーなんてなかったなぁ…。それでもグラスのロゴはしっかりと「すかいらーく」でした。
画像
アペタイザーはオニオングラタンスープにしました。学生の頃によくオーブンに入れすぎて、チーズが溶け切ってしまってやり直し…というのを思い出します。もしメニューにあれば「すかいらーくサラダ」にしたかったのですが、残念ながらありませんでした。
画像
やがてメインディッシュの登場。昔は鉄板は真ん丸だったなぁ…今のガストの大きな鉄板が同じくらいの大きさかな…。
画像
今回はガーリックソースを選んだのですが、ソースは別添え。その入れ物とレードルが、学生の頃の当時そのままだったのに感動。
画像
ついでにライスも撮影。普通ライス180g、大ライス280gは今のガストでも変わりません。いかにふっくらと盛るかでいろいろと試行錯誤したのを思い出します。
画像
デザートはモカパフェにしました。昔のモカパフェはすごくシンプルで、コーヒーゼリーの上にホイップと乳号バニラが乗っただけでしたが、今はずいぶんにぎやかなんだなぁと。
画像
伝票。ちょっと多く注文しただけで、たちまち2000円を超えてしまうので、学生時代は給与明細についてくる25%割引券がなければ、おいそれとは注文できなかったのを思い出します。とはいえ3000円近くになるのは頼みすぎだったかな^^;。でも、今月中にはもうこんなことも全て思い出の話になってしまうのでした。
画像
しかし、これが「すかいらーく」ブランドのアキレス腱になってしまった感じもします。値段が高いなら徹底的に高級化を図るか、ロープライス路線にするかでないと成り立たない世の中になってしまって、それに乗り切れなかったというのもまた事実。その点、同じ「すかいらーく」グループでも和食部門は「藍屋」「夢庵」の両極化でうまくいったほうなのかもしれません。

メニューの表紙に、ひばりのマークと一緒に書かれた「あじわい、ふれあい、すかいらーく」。
画像
テレビCMで幾度となく聞いたこのフレーズも、もう見ることはなくなるのです。それでも、「すかいらーく」というファミリーレストランがあったことは、ずっと忘れないでいたいものです。
BLUE DIAMOND
ファンハウス
1990-06-01
井上大輔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
すかいらーく
ファミレスの「すかいらーく」が10月29日の営業を最後に消滅しました。 舎人ライ ...続きを見る
ヒマ人のつぶやき
2009/11/02 14:04

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


さようなら「すかいらーく」(2) Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる