Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元の撮影地が消滅…

<<   作成日時 : 2009/11/21 22:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前にも書いた地元の撮影地ですが、ついに完全に柵で閉じられてしまいました。
画像
1980年代から1990年代にかけて、同じような場所で柵が設置された場所はいくつもありますが、そんな中でこのあたりが柵無しだったのは、柵がなくても入る人なんかいないという考えだったのではないかと思うのですが、何故今頃になって柵を設置したのかがよく分かりません。

このあたりで、柵がないからといって線路に入る人なんか見たことはないですし、仮に勝手に入って事故にあっても自業自得と言う気がするのですが、やはり「線路に簡単に入れるようにしている方が悪い」という風潮が蔓延しているせいなのでしょうか…。
小田急の駅 今昔・昭和の面影 (キャンブックス)
ジェイティビィパブリッシング
生方 良雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


地元の撮影地が消滅… Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる