Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS そりゃ連節バスがあちこちで走るのは喜ばしいことですが

<<   作成日時 : 2010/02/27 22:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

勇み足という以前に、岐阜市は本気で連節バス導入のために調査したのか、という疑念があります。
岐阜バス導入で補助金計上 「連節バス」市の象徴に
岐阜市は26日、大量輸送できる公共交通機関として、岐阜バス(本社・岐阜市)が導入する「連節バス」の購入費用を補助するため、新年度当初予算案に4150万円を計上したと発表した。バス2台を列車のようにつなげた形で、定員は通常のバスのほぼ倍の130人。環境にも優しく、市は廃止された路面電車に代わる市内交通の象徴にしたい考えだ。
連節バスは、神奈川県厚木市と藤沢市、千葉市で導入されているが、東海3県では初登場となる。同社は独メルセデス社製(1台約8000万円)の2台を導入予定で、市は4分の1を補助する。岐阜バスは新年度中に製造を発注、実際に車両がお目見えするのは2011年3月頃になる。
運行ルートは今後、岐阜バスと岐阜市が協議を進めるが、市は現段階で、通勤、通学者と大学病院来院者らで込み合うJR岐阜駅北口前―長良橋通り―岐阜大学ルートを想定している。
車体の長さが約18メートルあることから、新たに専用の整備施設(約1億2000万円)を準備する必要がある。このため、同社に毎年度8000万円の運営費を補助している市は、新年度の補助額を2000万円増額して支援する。(読売新聞中部版)
勇み足?岐阜市の連節バス導入 県や警察と協議なし
バスを2台分つなぐことで乗客を大量輸送できる「連節バス」の導入をめぐり、岐阜市が特殊車両の運行に必要となる岐阜県や県警などとの事前協議をしないまま、2010年度予算案に同バス導入計画を盛り込んでいたことが、26日分かった。実現すれば中部地方で初というが、市の勇み足に関係者はあきれている。
岐阜市は連節バスを11年3月にも導入予定とし、バスはドイツ社製で全長18メートル。定員は従来の70人から130人に増える。市企画部は「混雑解消に役立つ。国内では珍しく、公共交通への関心を高める上でも意義深い」として、学生や通院患者らで混雑する名鉄岐阜駅と岐阜大、同大付属病院を結ぶ路線で運行を計画している。
ところが、26日の新年度予算案発表直後に開かれた市総合交通協議会で事務局の市側から同バス導入計画が初めて委員に示されたところ、委員からは「反対ではないが実施計画もなく十分な資料が示されていない」と拙速を指摘する声が噴出。道路管理者の県担当者も「路線や詳細をきっちり詰めてからにしてほしい」と不快感を示した。
取材に対し、英直彦副市長は「図面上で検証しており、導入に問題ない。関係機関との正式協議は今後していく」と弁明。ただ、市内部からも「車体が長いバスなので、実証実験も必要かもしれない。予定通りに導入できるのか」と根回し不足を認める声が出ている。
同様の連節バスを既に導入済みの神奈川県藤沢市、厚木市の担当者は「交差点では中央分離帯を削るなど道路の一部変更も必要になる」「交通渋滞を引き起こしかねず、事前協議は大切」と指摘している。(中日新聞)
というのは、名古屋鉄道の岐阜市内線が廃止になるまで、岐阜市は何らバックアップをしていなかったのです。岐阜市の車優先政策というのはかなり徹底していて、1988年には博覧会の交通の邪魔になるという理由で路線を廃止していますし、何よりも路面電車を活用した交通体系の再編を行なうと国から補助金が出るような時代に廃止を決めたというところでしょう。

大量輸送に適している路面電車を追い出しておいて、今さら「混雑が激しいから連節バスを入れよう」ですか?もっと何年も前からやるべきことがあったんじゃないですか?思いつきだけで交通政策を語られても、当の岐阜バスが困るだけじゃないかと思うんですが。

画像ちなみに、厚木市を例にすると、2004年ごろから厚木アクストへのバスの乗客がかなり増加することになり、まず連節バス導入検討のための予算を設定したのが2005年でしたが、この時点で既に警察やバス事業者との調整は進められていたといいます。2006年には補助金制度を策定し、ようやく特認がとれるようになった2007年に連節バス導入のためにどうしても必要な工事を行い、やっと2008年2月から営業運行開始となっています。

もっとも、このブログでも何度も書いている通り、道路環境に関しては大した危惧はしていません。ただ、一時の思いつきだけでアドバルーン的に導入を打ち上げるようだと、長続きしないと思いますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メルセデスの連接バス 幕張に
[画像] 幕張地区の京成バスの名物、連接バスが排ガス規制などから、いっせいに代替され、メルセデス・ベンツ・シターロに変更されました。基本的に神奈川中央交通の厚木地区で使用されている車両と同型車です。 新都心幕張線(幕張本郷駅〜海浜幕張駅〜幕張メッセ・マリンスタジアム)間で使用される車両で、全長18m、定員129人という超大型バスです。車体幅2.55m、第三軸の軸重は11.45tと制限を超える値となっています。 ...続きを見る
nishimino
2010/03/22 23:12

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


そりゃ連節バスがあちこちで走るのは喜ばしいことですが Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる