Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS バタデン旅行(1日目その2)

<<   作成日時 : 2010/10/26 01:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、14時に雲州平田駅に到着する必要があった理由ですが、「RAILWAYSロケ地見学」に参加するためでした。自転車は駅横の自転車置き場へ…。
画像
さて、時間になり「ロケ地見学の方はいらっしゃいますか」と声がかかったので顔を上げると、なんと今日は私一人だけとのこと。アテンダントの方が案内してくれるのですが、なんだか申し訳ないかも…と思いつつ、かなりわくわくしている自分がいたりします。

最初の見学地はホーム。筒井肇が辞表を出した後に、ホームで乗客が「辞めないで」という、あのシーン。メインキャストのほとんどの方が出ていたシーンですね。そのあと運行司令室を外から見学。ふと傍らに止まっている電車を見ると、なんと「RAILWAYS」ラッピング電車ではないですか。
画像
運転士詰所として使われていた建物を振り返ると、肇が弁当を食べていた場所です。ちょうど折りよく「しんじ湖ラムサール号」が通過しました。
画像
その後徒歩で整備工場へ移動します。奥のほうは本当に創業当時からのもので、時々コウモリが出没するとか…^^;。
画像


整備工場の前にはデハニ53が止まっていました。
画像
早速車内に入り、デハニを堪能します。
画像
木がふんだんに使用された車内っていいなぁ…と。
画像
憧れのデハニの運転台。

車内でいろいろと話を聞きます。上毛電鉄のデハ101の話も出てきて、「上毛電鉄は自動ドアにしたりとかいろいろ手を加えているんですが、ウチはお金がなかったのでそのままだった」と言っていましたが、でも結果的にはそれがこの車両の貴重さをより強調するものになったんじゃないかと思います。何しろ、日本で最後の手動扉車両ですから…ついでに言うと、日本の電車では最後の合造車でもあったりしないかな。
画像
映画ポスター風に記念撮影^^;。

その後、軌道自転車も乗せていただいたりと、1時間では足りないほど堪能させていただきました。

見学会が終わったら自転車置き場から自転車を取り出し、出雲市行き電車に乗り込んで、川跡駅で乗り換えて高浜駅へ。そこから目星をつけていた撮影地へ行くのですが、急坂のためあえなく挫折^^;。
画像
それでもなんとか撮影できました。その後、今度は稲荷神社の鳥居を横切る電車を撮影。
画像
終わってから高浜駅に戻ってもすぐに電車は来ないので、武志駅まで行って、電車で松江に戻ってホテルにチェックイン。

すでに足や腰が痛くなってきていて、運動不足を痛感^^;。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


バタデン旅行(1日目その2) Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる