Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 岐阜バス「清流ライナー」

<<   作成日時 : 2012/02/08 23:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

厚木の「ツインライナー」が2/4で4周年を迎えましたが、2/4は土曜日のため運行なし^^;。その代わりということでもありませんが、2/7に岐阜に行った際に、岐阜バスの「清流ライナー」に乗ってきました。

とはいえ、もう大学生の一部は春休みに入っている時期なので、そんなに混雑はしていませんでしたが…。

岐阜駅を7:55に出るバスに乗車。運転席回りは「ツインライナー」と同じ感じですね。
画像
当たり前といえば当たり前ですが。

駅前広場を出ると左折。
画像
ここの道路はずいぶん広くなっています。もうすこし手狭でごちゃごちゃしていた気がするんですが…。

西問屋町交差点で右折すると、ちょっと狭くなった感じですが、それでも片側2車線で余裕があります。
画像
忠節橋通りに入ると、バス優先レーンが整備されており、バスはかなり順調に走っていきます。
画像
忠節橋の手前までバスレーンが終わりますが、その後もそんなに狭くありません。
画像
しかし、ここで気付いたのでした。忠節橋も含めて、ここは岐阜市内線が通っていた道路であることを…。

道が狭くて車の邪魔だということで路面電車を追い出しても、バスレーンで1車線つぶしているのなら同じですよね。見た限り、バスレーンを守らない車はほとんど見かけませんでしたので、これだったら路面電車の軌道敷への乗り入れ禁止をしても同じだったんじゃないかと思いますが…。

忠節橋を渡った後もさらに直進。拡幅工事中の場所もあります。
画像
さらに進むと、拡張工事自体がまだされていない道路になりましたが、それでもまだ道幅には余裕がある感じです。
画像
正木北町南交差点で左折。また少し広い道となりました。
画像
折立北浦交差点を右折。岐阜大学へのアプローチ道路に入ります。
画像
岐阜大学前のバスロータリーで学生はほとんど降りてしまい、車内は閑散となりましたが、まだ終点ではありません。
画像
ここからは大学敷地内の道路を走ります。
画像
途中に柳戸橋というバス停もあり、岐阜大の敷地の広さが想像できます。医学部の構内を走り抜けます。
画像
病院前のロータリーが終点。
画像


まあ、見た限り、特に連節バスのために何か大掛かりな道路整備した気配はなく、道路環境のよさが伺えます。というか、これで「連節バス運行のために苦労しました」と言われると、厚木市の立場は全くありません^^;。まあ、事前協議が少なかった点はともかく、ハード的な部分は問題なかったんだな、というのが乗ってみての感想でした。
しかし、それならもう少し先にやることがいくらでもあったんじゃないか、とは思うんですが…(無限ループ)。

まあ、なんだかんだいっても、せっかく導入した連節バス。長く走り続けてもらいたいものです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


岐阜バス「清流ライナー」 Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる