Cassiopeia Sweet Days

アクセスカウンタ

zoom RSS HiSE・RSE・5000形と名残を惜しむ

<<   作成日時 : 2012/02/28 19:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

現在、小田急公式サイト内の「THE LAST RUNNING」というコーナーではHiSEとRSEの運用を確認することが出来るのですが、今日2/28と明日2/29はHiSEが日中の江ノ島線に入線するのでした。夜の「ホームウェイ」ではまだ何度か入るのですが、日中の江ノ島線にHiSEが入るのはこれが最後となります。また、2/28は平日なのにRSEが箱根特急運用に入るのですが、これもめったにないこと。

ちょうど公休でもありますし、これは記録として残しておきたいと思ったのですが、さて一番江ノ島線らしいところはどこだろう…と考え、結局藤沢駅の1番ホーム先端から撮影することにしました。1時間半くらい前からもう何人かいらっしゃいましたが、ここでは比較的和気藹々と話が弾みます。平日だからあまり人も多くない感じ…とはいえ、こんな狭いホーム先端に何人も人が固まっていれば、端からみたら「一体何者?」と思われていることは確実なんですが^^;。LSEの東海道線試験走行の話で、前日に相模大野で回送されるLSEを見たというだけでうらやましがられたり^^;。

ということでまずHiSE「えのしま24号」を撮影。
画像
ついでに、東海道線ホームの80系売店とも絡めてみました。
画像
撮影が終わったら、今度は車で栢山駅近くの「開成7号踏切」へ。

ここはかなり有名な撮影場所ですが、意外にも先客が一人いただけ。ここではまず新宿から「さがみ67号」で下ってくるHiSEを撮影。
画像
しかし、なぜかヘロヘロ^^;。一緒にいた人も同じような状態になっていたので、カメラのせいではなさそうなんですが…。富士山が少し見えるようなので、新宿へ上っていくRSE「はこね16号」を撮影。
画像
このあたり、たいていの列車はかなり飛ばしてきます。何しろ、SE車の127km/hも、NSE車の130km/hも、このあたりで樹立された記録です。そのくらいスピードが出しやすい区間なんですね。逆に、都心部の小田急しか知らない人には別の意味で「小田急らしくない」と思うのかもしれませんが^^;。

しばらく一息ついたあとに、RSEの「はこね29号」を撮ろうと踏切に来ると、先ほどの方はいらっしゃらないようですが、あとから別の方がいらっしゃいました。今度は年齢が近い方ということもあり、さらに話が弾んだのは言うまでもありません。柵が出来てしまって、少し足が遠のいたとか、たわいもない話ばかりですが。

カメラテストも兼ねて、その前に来た列車を撮影してみますが…。
画像
後ろ4両が5063×4と気付くのが遅く、後追い撮影が出来ませんでした^^;。

とりあえず、RSEはきっちり撮影。
画像
さっきの急行が小田原で折り返してくるのを待って撮影。
画像
ちなみに、練習も兼ねてこれ以外にもいろいろ撮っています。400mmクラスで「超」がつくような望遠レンズ持っている人だと、ビシッと撮影できるんだろうなぁ…と思いつつ帰途についたのでありました。

まあ、まだあと2週間ちょっとありますが、はたしてあと何回、HiSE・RSE・5000形を見ることが出来るのでしょう…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ


HiSE・RSE・5000形と名残を惜しむ Cassiopeia Sweet Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる