世界一大きな旅客用の連絡橋

ロンドン・ガトウィック空港(LGW)に、ずいぶん面白い建造物が出来たようです。
ジャンボ機も楽々通過
ロンドン郊外のガトウィック国際空港にできた世界一大きな旅客用の連絡橋。16日にお披露目されたもので、大型ジャンボ機ボーイング747型も楽々と下をくぐることができる(EPA=時事)10時43分更新
案外、これから作る大規模空港には参考になるかもしれません。地下に通すのも良いけれど、こちらの方が費用はかからなさそうですし、だいいち、動いている飛行機を見下ろすことなんて、そうそう出来ないですよ。

成田国際空港(NRT)の第2ターミナルは、同一レベルで地上に連絡用シャトルを通しているけれど、距離的にはざっと2~300m程度かな?あの通路のために飛行機が遠回りされられている感じもするので、いまからでもこの構造に作り変えてみては…でも第1ターミナルの改良工事が終わってからかな?

この記事へのコメント