徹夜でドライブしてからまともに仕事が出来ますか?

マイカー運転550キロ、駆け込み搭乗=機長ら飲酒で交代要員-全日空
全日空の機長らが乗務前に飲酒していた問題で、同社は27日、交代要員のパイロットが東京・羽田から秋田空港までの約550キロを、マイカーを運転して駆け付けていたことを明らかにした。未明の高速道路を5時間半も疾走した後、ほとんど休む間もなく操縦桿(かん)を握っていたことから、同社は「好ましい行為ではなかった」としている。
同社によると、ボーイング767の機長(37)らは5月4日夜、客室乗務員5人を交え滞在中の秋田市内の居酒屋に入った。客室乗務員の送別会も兼ねてビールやワインを注文。社内規定で乗務開始前12時間の飲酒は禁止されていたが、その後も機長らは冷酒やウイスキーを飲み続けた。
ホテルに戻った機長と副操縦士は1時間半にわたり話し合った結果、翌朝の乗務を辞退。交代要員の手配を依頼した。
交代要員に指名された副操縦士は機長をマイカーの助手席に乗せ、羽田を午前2時に出発。高速道路約550キロを飛ばし、同7時半に秋田空港に到着した。手早くブリーフィングを済ませ、同58分に出発したという。(Yahoo!ニュース-時事通信)
概ね、車の運転で集中力が持続できるのは、だいたい2~3時間程度と思います。だから、夜行高速バスでも約2時間に1回は必ず休憩することになっているんですね。また、長距離の路線であれば、運転手は2人乗務で、2時間ごとに交代します。中には一人乗務の路線もありますが、この場合は途中で最低でも2時間の仮眠をとらなくてはならないことになっています。
トラック業界はどうもそうなっていないようですが、バス業界では間違いなくそうなっています。余談ですが、私も深夜や長距離のドライブでは、必ず2時間過ぎたところで休むようにしています。

この記事では、機長も運転したかどうかは書いてありません。しかし、仮に2時間ごとに交代して、もう一人が眠っているようにしたとしても、所詮これは仮眠程度にしかなりません。もちろん、副操縦士が一人で運転していたとしたら、ほとんど徹夜に近い状態になります。いくら何でも、徹夜で車を飛ばしてからすぐに乗務というのは、無茶です。

もともと、旅客機のパイロットが機長と副操縦士のペアになっているのは、どちらかが飛行中に体調を崩したとしても、とりあえず目的地までは安全にたどり着けるようにしているわけです。しかし、副操縦士が寝不足では、必然的に機長がほとんどの操縦をすることになります。そんな状態ではATC(航空管制)もろくに出来ませんし、管制指示の聞き逃しもあるかもしれません。

それにしても、これって副操縦士の独断なのでしょうか、それとも会社の指示?前者ならともかく、もし後者だったりすると、JALのみならず全日空の安全に対する体質までマスコミに叩かれます。そうなったら、日本の空が全然信頼できないものと思われてしまうではないですか。

この記事へのコメント

麦当労
2005年05月27日 23:03
この件って「某所」じゃ触れられていませんよね?
のぞみくん
2005年05月27日 23:30
見ていないのですが、もしかすると…。
PAX
2005年05月28日 02:38
はじめまして。TBありがとうございます。
深夜の陸路移動、しかも Crew 自ら運転とは驚きです。指揮系統はどうなっていたのでしょうね。
2005年05月28日 23:44
意地だけで結構や遅延を出すまいとしていたような印象があります。
JALのトラブルやJR西日本の影に、定時運航への重圧というものがあったと報道されていましたが、全日空も同じ状態なのかも…。
ぺぎちゃん
2005年05月29日 01:47
PAXがどの位いたのか気になるところですね。
JALや新幹線に振り替えることも想定できるのですが、ほんと、意地になっていたとしか思えません。
それとも、シップ繰りが相当厳しかったのですかね?
ぐっち
2005年05月29日 11:06
いつも読ませていただいてます。
お客様の命を預かる立場にいるのに自覚の
問題なのでしょうかね。
2005年05月29日 19:07
欠航にまですることはなかったと思いますが、少しくらい遅らせても、無理のないほうが良かったのではないかと思います。
妥協案としては、誰でもいいから運転する人を呼んで、機長と副操縦士には仮眠くらいはゆっくり取ってもらうとか、何かしら方法はあったと思うんですよね。
2005年06月01日 15:15
5月27日朝日新聞夕刊(東京版)には
「タクシーも手配できず、やむをえず・・・」となっています。航空会社の場合、早朝便や最終便に乗務するクルーに便宜を図るためハイヤー契約をタクシー会社と結んでいるはずですが、たぶんその会社にも「こんな時間に秋田行きなんてすぐには手配できません!」と断られたのでしょう・・・流しのタクシーも交代時間(おおむね深夜から早朝)が近いことや秋田まで5時間で行ってくれという話で、さすがに嫌がったのでは?運転手はやる気でも営業区域や労働時間の関係で事務所が許可しなかった可能性がありますね。
そうかといって、ここまで無理をしたということは東京などからの始発便で交代乗務員が到着するまで秋田空港にどうしても飛行機を置いておけない、あるいは羽田まで回送便として飛ばすことが出来ない事情があり、そのことを現場にいた職員(クルーも含む)がみんなわかっていて、じゃあどうするかという話の中で自家用車で秋田まで行こうという結論に達したのではないかと思います。
でも、深夜のドライブをやったあと間髪いれずに飛行機を飛ばして来るというのは、なんとも無茶なことをしたなぁと思います。