TOICA…JR東海のICカード乗車券

画像これからモニター試験をするにしては、ずいぶん早い展開なのですが、結局のところは既にSuicaとICOCAとPiTaPaで実績があるシステムだから、ということなのでしょう。
しかし、初期導入区間を見る限り、JR西日本と接する米原まではたどり着いていません。
となると、東側も沼津か三島辺りで終わって、JR東日本エリアにかからなかったりして…と思いつつ、ふとあることに気付き、確かに簡単には行かないかもしれない…と考え直しました。
JR東海、在来線向けのICプリペイドカード「TOICA」を秋をめどに開始
東海旅客鉄道(JR東海)は、在来線向けのICプリペイドカード「TOICA」を秋から開始すると発表した。
JR東日本の「Suica」やJR西日本の「ICOCA」と同様に、非接触式のICカードにチャージをすることで、改札にかざし運賃が支払える仕組み。プリペイドカード機能のみの「TOICA」をはじめ、定期券機能も利用できる「TOICA定期券」が発行され、いずれも大人用と小児用が用意されている。
導入されるのは、名古屋を中心にした東海道線、中央線、関西線、武豊線の全74駅。また、夏をめどにモニター試験が実施される予定。
●導入エリア
 東海道線 :二川~関ヶ原
 中央線:名古屋~中津川
 関西線:名古屋~四日市
 武豊線:大府~武豊
全74駅
(Yahoo!ニュース-RBB TODAY)
プレスリリースはこちら
JR東日本のSuica・JR西日本のICOCAとも、その利用可能エリアにはある共通点があります。
それは、「エリア内相互乗車では、どんなに距離が長くても有効期間は当日限りで途中下車は出来ない」ということです。つまりは東京近郊区間・大阪近郊区間の乗車券ルールを適用しているのですが、特にSuicaでは、適用エリア拡大と同時に近郊区間の拡大をしており、東京近郊区間の場合は中央東線韮崎まで、また常磐線日立まで拡大されています。Suicaの仙台・新潟では、わざわざ近郊区間の設定をして導入しています。
ちなみに韮崎~日立は運賃計算キロ294.0kmに及び、運賃額は4940円となります。これだけの距離を乗るにもかかわらず、東京近郊区間ですから乗車券の通用当日限りで途中下車前途無効となります。まあ、こんな需要が実際にあるのかどうか分かりませんけれど。

さて、仮にTOICAエリアが東は熱海・国府津まで、西は米原まで到達したとしましょう。そこまで来ればSuicaやICOCAと共通化するのが自然ですが、そのまま導入すると…東京~相生665.0km・運賃額9560円でも有効当日限りで下車前途無効なんですか^^;。
それはあんまりでしょう^^;。

かといって、Suicaなどが途中下車不可なのはともかくとして、通常の乗車券なら途中下車OKというのも、ややこしくなる素ですね。

Suicaで利用可能な距離に制限をつけた上で、Suicaグリーン券のように、乗車券を購入して、その乗車券情報をSuicaなりICOCAなりTOICAに記憶させればよさそうですが、まだストアードフェアカードの域からは完全に脱していないでしょう。少なくとも、現時点ではSuicaグリーン券は同時に1枚分の情報しか入りません。
ICカードの限界ということではなく、単にソフトウェアの問題で、モバイルSuicaでは、将来は特急券情報と乗車券情報をSuicaに組み込みということを考えているそうですから、そうなると複数の券情報を記憶させることも出来そうです。それがうまく機能するようになってからかな?

まあ、しばらくはエリアが接することにはならなそうですね。もっとも、エクスプレス予約IC化という方針もあり、こちらの方が早くSuicaやICOCAと乗り入れることになるのかもしれませんが…。

この記事へのコメント

2006年02月23日 23:11
 はじめまして。この記事でトラックバックさせていただいた「たべちゃん」です。

* ふとあることに気付き、確かに簡単には行かないかもしれない…と考え直しました。

 JR東海の両端がすでにICカードを導入しているので、そういう問題がでてくるのですね。ただ、早急に解決しないと、トラブルの元になりそうです。

 もっとも、特急券には途中下車の制度がないですし、途中下車のルール自体を知っている人も少ないと思われるので、割り切って「途中下車なし」としても、大きな問題にならないかもしれません。
通りすがりの者。
2006年10月10日 02:19
通りすがりの者です。
仙台については、旅客営業規則第156条第2号による大都市近郊区間には設定されておりません。
特定都区市内の設定は1972年の国鉄時代で、ICカード乗車券の導入の話すらない時代ですし、仙石線のSuica利用可能エリアが駅名標に[仙]表示がない区間にまで及ぶことから仙台近郊にはSuicaの克服のために特別な区間は設けられていないことが分かります。
ただ、片道100kmを超える乗車が発生しないため、利用期限が1日の設定が可能であるということになります。

気になったので、僭越ながらご指摘申し上げます。
通りすがりの者。
2006年10月10日 02:21
続けての書き込み失礼します。
新潟近郊区間は、Suica利用区間の路線において大回り乗車が可能になっているための措置であると思われます。