エコノミーに乗らないのに「エコノミークラス症候群」とはこれいかに^^;

現実問題として、この症状はエコノミークラスでなくても起きるし、エコノミーでも予防は十分可能なので、。本当は「ビジネスクラス席にいてもエコノミークラス症候群にかかる」という事実を、多くの人に知ってもらえればいいのかな、と思うんですけれどね。
高原にVIP席 移動はファーストで
日本代表のエースFW高原直泰(26)の移動にVIP席が用意されることが分かった。日本代表は26日に日航機でドイツへ出発する。利用する便には一般客も搭乗し、ジーコ監督や選手、スタッフにはビジネスクラス席が手配されているが、高原にはファーストクラス席が用意される。
高原には忘れられない過去がある。02年3月、日本代表のポーランド遠征から帰国した際に肺動脈血栓塞栓(そくせん)症(通称エコノミークラス症候群)を発症し、同年のW杯日韓大会メンバーから外れた。さらに、オーバーエージ枠での選出が濃厚だったアテネ五輪前の04年5月にも再発し出場を逃した。それだけに移動の際の体調管理には気を使っている。
成田からドイツまでの飛行時間は約12時間。少しでも楽な体勢でいられるように、高原には座席がフラットになるファーストクラス席を1席確保した。関係者は「座るのはジーコ監督でも中田選手でもない」と話した。
日本サッカー協会では2月の米国遠征時に、腰痛の久保のためにファーストクラス席を用意している。今回もエースストライカーの体を守るために万全の態勢を整えた。
高原はこの日、サイドからのシュート練習で11本中4本を決めた。24日の地元高校との練習試合でも先発が確実。周囲のバックアップを受け士気は高まるばかりだ。(Yahoo!ニュース-スポーツニッポン)
で、ファーストなら大丈夫なのか?ということですが、答えとしては「可能性は減るかもしれない」としか言えません。多分飛んでいる間ず~っと同じ姿勢のままで、身動きせずに寝ているようだと、また再発する可能性もあるでしょうし^^;。JAL(JAL/JL/ジャパンエア・ジェイバード)のCMに出ていた時の松井選手みたいに、寝相が悪い方がかえって大丈夫なんですよ。

この記事へのコメント