ぼくは航空管制官2 大阪IntercityAirport

画像

前にも書いた航空管制ゲーム「ぼくは航空管制官2 大阪IntercityAirport」ですが、5/25に届きました(正確には、佐川急便の営業所に受け取りに行って来たのですが)。
本当は6/2に発売なのですが、すでに同シリーズを持っていて、ユーザー登録している人には優待直販というものがあり、お値段はあまり安くないけれど、発売日の1週間前には手元に届くのです。

で、早速やってみたのですが…。

関西空港や神戸空港のディパーチャー・アプローチ管制までやるなんて聞いてないんですが^^;。まあ、実物がそうなんだから仕方ないし、第一デリバリー・グランド・タワーだけじゃ面白くないか。

しかし、紛れもなくこれは伊丹空港ですね。伊丹名物?の「プッシュバックしないでタキシングするスポット」、うまく使うと結構回せるかもしれません。

まだ途中ですが、しばらくは寝不足になりそうです。
ぼくは航空管制官2 大阪IntercityAirport 初回限定版

この記事へのコメント

Wich
2006年05月26日 17:50
RW14を使ってるところを実際にはいちども見たことがないので、すごく新鮮です。
伊丹と神戸の高度調整はどっちを上にするのが好ましいのでしょうね(笑)1-3、忙しいですねえ。
2006年05月26日 21:07
こんばんは、楽しめそうですね。
「ぼく管」は本当に良く作られたゲームだと思います。

> 伊丹名物?の「プッシュバックしないでタキシングするスポット」、うまく使うと結構回せるかも

なるほど....。然もありなんですね。

しかし本当に絶妙の切り口になっていて、そこが惹かれる原因なのかも知れません。
「HeadingやSpeedでSeparationとれたらなぁ」とか、「"Break, Break"が使えたらなぁ」と歯軋りすることも多々あれど、そこが出来なくても上手くTrafficをさばけた時の爽快感。

あぁ、早くチャレンジした~い ^^;