小田急新型ロマンスカー60000形…MSE車?

最初は「Metro」のMかと思ったのですが、どうやら違うようですね。どうもEXEの地下鉄版ではなさそうな感じですね。いや、定員578名とか、そういうあたりはEXEを意識しているのでしょうけれど。
新型ロマンスカーは青い車体=地下鉄線内も走行可能-小田急
小田急電鉄(東京都新宿区)は20日、東京メトロ千代田線への特急ロマンスカーの乗り入れに伴い、地下鉄線内を走行可能な新型車両「MSE」の製造を決め、青い流線型の車体イメージを発表した。東京メトロに特急が乗り入れるのは初めてで、2008年春からの営業運転を予定している。(Yahoo!ニュース-時事通信)
プレスリリースはこちら(PDF)
ということで、製造両数は16両だけのようで。地下鉄所有の車両は作るのかどうか。

プレスリリースだけチェックしてみました。
外観の色彩は、地下駅でも明るさを感じさせる「フェルメール・ブルー」を基調とし、ロマンスカーの継承してきたカラーである「バーミリオン・オレンジ」の鮮やかな帯を窓下の高い位置に配置します。
VSEのベースカラーが青くなったものかな?という予想はつきますね。
蛍光灯による間接照明に加えて、電球色のLED式直接照明を採用し、落ち着きのある空間を演出します。
まあ、下車駅まで一眠りという人も多いでしょうから、蛍光灯の直接照明よりは良いかもしれません。

しかし、イメージスケッチを見ると…前面の貫通扉は?地下鉄では非常口は絶対必要でしょうに。

まあ、このイメージスケッチの通りに作ったら、まず間違いなく直通認可は通らないでしょうから、何らかの形で貫通扉を設置するんでしょう。非貫通っぽいけれど貫通型という車両はありますし、デザイン上で扉が目立たないようにしている例も結構ありますから。

しかし、ホームライナーのような目的の車両で、どうしてここまで…まさか、休日には我孫子あたりから箱根湯本あたりまで直通させようとか考えているんじゃ…。
(21:22追記)
…これをアップロードした後に、いつも巡回しているブログでこんな記事がありました。
五月原清隆のブログハラスメント@[鉄道]馬車馬特急EXEの受難
「ブルーリボン賞を意識する事はないでしょう」と予測されているのですが、ローレル賞は狙っていたりして^^;。
(23:12追記)
いつも巡回しているブログでも紹介されておりました。
TSJ付゛録゛II@【小田急】地下鉄乗り入れ対応特急車両「MSE」製造決定
「わずかながら一般的な地下鉄の車両よりも幅広になっているように思えます」とのことで、見る人は見てますね~。実際問題として、営団車・国鉄車の車体幅が2800mmなのに対して、千代田線乗り入れの小田急車(9000形・1000形)は建築限界ギリギリまで車体幅を広げた2870mmで、裾絞りの車体だったのでありました。60000形MSE車もそうなると思って間違いなさそうですね。
(9/21 23:12追記)
レイルマガジン編集長ブログにも出ていました。
編集長敬白@新型ロマンスカー・MSEを発表!
よくよく見ると、流線型のフロントガラスに何やら黒い線が…これはもしかしてピラー?ということは…と思って下のほうを見たら、「プラグ式ドアを採用」と書いてありました。
まあ、これで一安心(何が?^^;)。

この記事へのコメント

新幹線
2006年09月21日 01:45
今晩は。ここでの書き込みは初となりますが、別の場所で投稿しているので分かると思います、新幹線と申します。

当方も気になったので「地下鉄対応車両」の所を調べて見ましたが、1987年の法改正によって「なお、上記の通り地下鉄等旅客車であっても前面貫通口は義務ではなくなったが、各社の乗入協定等で自主的に貫通口を設置するのがほとんどである。」となったそうです。

こちらの予想では、通勤向けだし30000形「EXE」の改良系ではないかとしていたのですが、50000形「VSE」の精神をそのまま引き継ぐ形になったみたいです。流石に連接構造は採用しなかったみたいですが。
2006年09月21日 02:06
こちらではお初でございます。
なるほど…現在は貫通扉の設置は義務ではないわけですね。座席定員制で、乗客数が少ないことで貫通路省略となったのかもしれませんね。
2006年09月21日 05:19
私もこのニュースを見てすぐに「貫通扉は??」と思ってここを見に来ました。今は義務ではないのですね、勉強になりました。