世界の空港ランキング

成田空港は雰囲気とか旅客動線とかがあまり良くないので、なかなか上位になれません。関西空港は昨年と比べてもさらに評価アップです。世界一を狙えるかどうか?は国内線の便数にかかっていたりして…。
関西空港は世界4位 トイレと入国審査は世界一』 
英国の航空関連調査会社「スカイトラックス」が実施した2006年の世界の空港ランキングで、関西空港が総合部門で4位になったことが24日分かった。
部門別では、公衆トイレの清潔さと入国審査が世界1位、旅客ターミナルの清潔さと手荷物の取り扱いが2位だった。スカイ社はこのほか「従業員の質の高さ」を評価の理由に挙げている。
成田空港はトイレの清潔さは2位だったが、総合では10位までのランクに入らなかった。
スカイ社は昨年9月から今年5月まで約9カ月間、世界の165を超える空港で利用客約720万人に聞き取り調査などを行った。
総合1位はチャンギ(シンガポール)、2位は香港、3位はミュンヘン(ドイツ)の各空港。関西空港は03年の調査で12位、04年は9位、05年は5位だった。(Yahoo!ニュース-共同通信)
それにしても、トイレについては日本はかなり優れていますね。確かに、ロサンゼルス国際空港のトイレは、汚いとは言いませんが、日本と比べれば落ちるかな、と。

それにしても、どうも日本の空とトイレは、切っても切れないものなのかもしれません。空とトイレという組み合わせで、私が真っ先に思い出すのはB777のトイレ。全日空(ANA/NH/オールニッポン)の提案が採用され、便器のふたにバランサーを組みこんで、バタンと閉じないようにしたのですが、ボーイングはこの提案には大変感銘を受けたようで、ボーイングが「ワーキング・トゥゲザー」(航空会社とともに飛行機を共同開発すること)を語る際には、必ず引き合いにされる事柄でもあったりします。

そういえば、B787も全日空がローンチカスタマー…ということは、やっぱりトイレのふたはバランサー付でしょう、きっと…。
ふと思ったのですが、エアバス機のトイレってどうなんでしょうね?

"世界の空港ランキング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。