テーマ:鉄道

185系の普通列車運用が終了、それはつまり…

185系の話を初めて聞いたのは、たしか叔母から「新しい湘南電車が出た」ということを聞いたのが最初だったと思います。すぐ後に新聞などでも発表され、ずいぶん垢抜けた車両だと感じたのは今でも覚えています。 『JR東日本3月ダイヤ改正 横浜支社ダイジェスト』 ○普通列車の使用車輌変更  東京発 7:24発伊東行を熱海行とし、使用車輌を18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔読んでいた本を発見!(2)

1982年あたりから、学校帰りに大きな本屋さんに寄り道することが多くなり、いろいろと鉄道の本などを読むようになったのですが、中には立ち読みだけで終わってしまったにもかかわらず、記憶に残っていることもありました。 例えば、当時の皇太子殿下…つまり、現在の天皇陛下なのですが…が、新幹線のダイヤが乱れた際に、立ち通しだった乗客の中から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔読んでいた本を発見!

「子供の頃から鉄道が好きだった」という方だと、恐らく小さい頃からいろいろな鉄道の本を読んでいたと思います。もちろん私も例外ではなく、学研の図鑑「機関車・電車」とか、保育社のカラーブックスとかを読んでいました。 1980年あたりになると、週に1回くらいだったと思うのですが、小学校に移動図書館がやってきたのでした。ちなみに、まだ厚木図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら…5000形、HiSE、RSE!!

最終日にわざわざ乗りに行くので、俗に言う「葬式鉄」という謗りも受けることは重々承知しているのですが、ちょうど公休の日でもあり、HiSEとRSEにはお別れしておこうということで、この日に乗ることは先月末あたりに決めていました。とはいえ、案外予約が難しいもので、一部区間だけの乗車になったのですが…。 さて、早めに起きたので、厚木あたり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2つの「あさぎり」の車内放送

もう、あと10日でRSE車も371系も小田急線を走らなくなるので、このところ神奈中のりつぶしはお休み状態。 今日は371系だけではなく、3/17から無人化される駿河小山駅にも行って来ました。しかし、駿河小山駅は一部列車のみとはいえ、今後も特急停車駅のはずなんですが、自由席が設定されるわけでもないのに、どうするんだろう…。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3000形と8000形VVVF車を連結して試運転…ということは、8251×6・8255×6はどこへ?

2/28に開成7号踏切で撮影をしたときに、「あれ?」と思ったことがありました。見ての通り、3000形と8000形の連結なのですが、なぜか「試運転」の表示。一緒に撮影した人とも「何の試運転なんでしょうね?」と話していたのですが、後でふと思い出したことがありました。 それは、「8000形4両編成のVVVF車は、8000形以外と連結して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HiSE・RSE・5000形と名残を惜しむ

現在、小田急公式サイト内の「THE LAST RUNNING」というコーナーではHiSEとRSEの運用を確認することが出来るのですが、今日2/28と明日2/29はHiSEが日中の江ノ島線に入線するのでした。夜の「ホームウェイ」ではまだ何度か入るのですが、日中の江ノ島線にHiSEが入るのはこれが最後となります。また、2/28は平日なのにR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急がずいぶん変わるのかなぁ…いや前から徐々に変わっていましたが…

来年3月17日のダイヤ改正が発表されました。夜行がなくなるとかいろいろと思うところはあるようなのですが、「夜行需要自体はあるけれど、列車1本仕立てるほどのものではなくなった」ということなのかなぁと。こういうニュースで「夜行バスに叩き潰された」と思う人もいるようなのですが、たかが29人乗り程度のバス数台程度で、列車だと何両分になるのか、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連接車の音

まずはこんな音から。 まあ、どこでも聞けるような電車の通過する音ですね。昔、建物の中でも音を聞いて「あ、何両編成だった」とか思ったりしたことがあります。これを聞いて、「この電車は10両編成だ」と分かった方も多いのではないかと。 しかし、こちらの通過音は、(たぶん)なかなかどこでも聞けるようなものではないだろう、と思います。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR鉄道最高地点

さて、長坂のあたりは今は北杜市となっていますが、高速バスストップの名前は昔の自治体名のままで「長坂高根」となっています。高根町といえば清里駅があったところ…ということは、JR最高地点もそんなに遠くないはず。 ということで、帰る前にちょっと寄ってみました。黄色い矢印で示したのが勾配標識で、どちらから来ても「ここから下り坂」を示すもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿場線谷峨駅

長坂の大カーブに行く前に、実は撮影しておきたいものがありましたので、最初に寄ったのは御殿場線の谷峨駅でした。朝の「あさぎり1号」と「あさぎり2号」のすれ違いが結構有名ではありますが、実は案外面白い構図で撮影できる場所でもあります。313系と211系の併結。以前は名古屋あたりでしか見られず、最近になって静岡地区でもみられるようになった…と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有名撮影地「長坂の大カーブ」

ETCであと2000円分乗ると8000円のポイント還元があるということで、珍しく土曜日が休みに当たったこともあり、撮影に行ってきました。相当な遠くに行ってもいいのですが、今の時期だときれいに撮れるかも…ということで、今回行ったのは中央東線屈指の名撮影地「長坂の大カーブ」。 現地に行ってみると、先に来ていたのは一人だけ。ご挨拶してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急5200形(5000形6両編成)の思い出話(5)急速な勢力縮小、そして…

まだまだしばらくは5200形を使い続けてゆくかと思っていたのですが、5200形の大掛かりな改修は2001年で打ち切られることになります。この年に3000形が登場したからです。その時は、徐々にこういう車両が勢力を拡大していくのかという程度にしか考えていなかったのですが、3000形の増備はきわめて急速に行われ、たった5年の間に6両編成が32…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急5200形(5000形6両編成)の思い出話(4)変化しつつも使われ続ける車両

その後、1988年には1000形が登場し、また5200形の影が薄くなることになります。1000形そのものは、最初は各駅停車の8利用編成化のために導入された車両ですし、暫定的に新松田~小田原の区間運転用に4両編成3本が投入されたものの、その後6両編成が登場すると千代田線直通用に回されたので、本厚木以西ではあまり見る機会のない車両ではありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急5200形(5000形6両編成)の思い出話(3)最新型でも看板でもなくなったけれど…

8000形は各駅停車から湯本急行まで、どの種別にも使用できるオールラウンダーとして登場しました。さらに、それまで連結運用がなかった2600形も、1983年から他の4両と連結した10両編成として運用されることが多くなりました。もともと5000形も5200形も、急行などの優等列車向けの車両として製造されていますので、活躍の場はちょっと少なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急5200形(5000形6両編成)の思い出話(2)5200形が看板車両で主役だった頃

さて、中学はいろいろな理由で電車通学することになり、1982年4月から高校卒業まで、6年間にわたって電車での通学が始まったのでした。 電車の中から大野工場の車両が見えるのはとても楽しみであったのですが、最初の通学のときに大野工場に止まっていたのは5200形第17編成でした。そのときは「ああ、もうこんなに増えたんだなぁ」としか思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急5200形(5000形6両編成)の思い出話(1)First impression

いよいよあと少しで、小田急5000形6両編成(以後、5200形と書いたら6両編成のことです)の運行も終わりとなります。かつては当たり前だった車両が当たり前でなくなっていくのは淋しいものです。5000形10両編成のさよなら運行は残念ながら抽選にもれてしまったので、仕事の関係でもう乗ることは出来なさそうですが…。そんなわけで、何回かに分けて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港国際線ターミナル(再挑戦)

今日は用事が2つほどあったのですが、片方は都内でもう片方は神奈川県内。その合間に少し時間が出来たので、携帯でMETARを見てみると磁方位05から7ノットの風…北風だ! ということで、1時間程度でしたが羽田空港国際線ターミナルへ行き、またまた立体駐車場から撮影してきました。 しかし、着陸は最短で2分ごとにあり、モノレールも3~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港国際線ターミナル

今日は時間があったので、まだ行っていなかった羽田の国際線ターミナルに行ってきました。 実は今回はどちらかというとモノレール撮影がメインだったりします^^;。というのは、今までは地上から狙うことになるのでちょっと難易度が高かった「飛行機とモノレールを絡めた構図」が、国際線ターミナルの立体駐車場からであればかなり簡単に撮れそうだと思ったの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「バタデン」という愛称

なんか島根県に3日弱の滞在だけでは、とてもバタデンをフルに楽しむことは出来ないのかなぁと思ったりしてますが^^;。本気で島根県やバタデンを満喫しようと思ったら、1ヶ月でも足りない気がする…。人もあったかいし、とても居心地がよかったので、また何とか機会を作って行ってみたいと思っています。 ところで、いまや私は「バタデン」という愛称を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バタデン旅行(帰路)

さんざん楽しんだ2日半もあっという間に終わり、いよいよ帰宅です。 ホテル前から一畑バスの松江行きに乗車。バスに乗ると運賃表はこんな感じ。実は、松江市では実験的に市内のバスを全区間100円とすることで、どれだけマイカー利用を抑えられるかの実験を行っていたのです。あと1日長く滞在してもよかったかなぁ…とも思ったり。 それにしても、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バタデン旅行(3日目その2)

昼ごはんを食べたらまた自転車利用ですが、すぐに電車に乗るのではなく、並行する国道を自転車で回ってみます。松江イングリッシュガーデン付近で線路付け替えをしているので、一応記録として撮影。さらに自転車を西に走らせ、長江駅近くの防波堤からまた撮影。しかし、さすがに疲れてきたので、秋鹿町駅からは電車を利用することに。 この駅のホーム上屋も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バタデン旅行(3日目その1)

体のあちこちが痛いといいながらも、翌朝は5時半に起床。松江温泉6:16発の電車に乗るべく、身支度を整えて出発。歩いていくことも覚悟していたのですが、こんな時間でもレンタサイクルを借りられたことに感謝!とはいえ、朝ラッシュとなるとさすがに自転車の持ち込みはきついだろうと思うので、いったんは駅の駐輪場に止めておきます。 途中川跡では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バタデン旅行(1日目その2)

さて、14時に雲州平田駅に到着する必要があった理由ですが、「RAILWAYSロケ地見学」に参加するためでした。自転車は駅横の自転車置き場へ…。さて、時間になり「ロケ地見学の方はいらっしゃいますか」と声がかかったので顔を上げると、なんと今日は私一人だけとのこと。アテンダントの方が案内してくれるのですが、なんだか申し訳ないかも…と思いつつ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バタデン旅行(1日目その1)

そんなわけで、Wikipedia日本語版にもいろいろ画像を出したし、ようやく落ち着いた感じもするので、いろいろ書いてみようかと。 出発は「京浜吉備ドリーム1号」のスーパーシート。なかなか快適だったのですが、やや消化不良な点を上げてみると、テーブルがないので乗り物以外を置くのにやや不便なことと、バス車内無線LANもサービスエリア外や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浜坂行き

少し前まで、山陰本線のローカル列車というと、国鉄形気動車がのんびりと走っていたというイメージがあります。 車両は新型で、昔のイメージはありませんが、沿線風景はあまり変わっていないかも?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バタデン「スーパーライナー」 vs JR西日本「ゆったりやくも」

今日は朝5時半に起床、6時には宿を出発して松江温泉発の一番電車に乗るという強行軍。 というのも、平日のみ運行されるバタデンの特急「スーパーライナー」と、JR西日本の「ゆったりやくも」が、どちらも出雲市を7時24分に発車するというのです。それは一度見てみたい…と思って早起き。 早起きした成果はどうか?それは画像で判断していただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more